新日本プロレスを考えるブログ リターンズ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

オカダ・カズチカはどうやってIWGPを盛り上げるつもりなのか?

IWGP世界ヘビー級、クソだせぇ!

そう言い放ったオカダ・カズチカ。IWGP戦線へ殴り込みを宣言した望んだニュージャパンカップは一回戦敗退となってしまいました。

 強すぎた鷹木信悟

3.6大田区体育館。NJC一回戦オカダ・カズチカvs鷹木信悟

鷹木が強すぎた、というか準備してきたものが全然違った。

宣言通りレインメーカー式パンピングボンバーを決め、フィニッシュにはオカダがレインメーカーを抜いた瞬間待ってましたのラストオブドラゴン。

マイクでもオカダの完コピを披露し、どう考えてもリベンジに燃え最高の形でそれを達成しましたね。

鷹木って試合の期待値がものすごく高いレスラーなんだけど、毎回それを超えてくるからすごいですよね。毎試合にテーマを持って、それを試合を表現している。

ゴツゴツで直線的なようでも、プロレス脳をフル回転。リング場だけでなくバックステージでもグイグイ出してくる。うーんすごいとしか言いようがない。

ではオカダ・カズチカは?

横綱 オカダ

レインメーカーを封印して、去年IWGP戦線から離れたオカダ。

何を得たでしょうか?

なんとも中途半端じゃないですか?

実際、レインメーカーがマネークリップに変わっただけで試合内容は変わってませんよね?毎度同じ試合なら結果だけ見ればいいです。

強くてかっこいいオカダを出し切れていないような、物足りなさを感じます。

鷹木戦に向けて何を準備していたんだ?

これからのオカダ

僕はオカダ・カズチカこき下ろしたいわけじゃなくむしろ応援してますよ(たとえドロップキックが低くなってもオカダ・カズチカを応援しようと思う - 新日本プロレスを考えるブログ リターンズ←こんな記事を書きましたし)

だからどんな試合でも期待して待ってます。

いまだオカダは復活ロードの途中なんでしょうか?

それならもっと試行錯誤すればいい、そんなもがきあがく姿を見たくもあります。完璧な人間なんていないんだから。

プロレスラー オカダ・カズチカの強さも、人間 オカダ・カズチカの強さも併せ持った選手になったらプロレスをさらに上のステージへ連れて行ってくれるんじゃないでしょうか。どう考えてもオカダ・カズチカはトップにいるべき選手です。

 

鷹木戦は反則も介入もなし、真正面から負けた。

プロレス好きの33歳のプロレス好きのオッサンは変化の時かもしれません。

僕としてはオカダ・カズチカの強さ、カッコよさと岡田かずちかの人間らしさの入り混じった姿が見たいですね。