新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

待っていてよかったと思えたメイ社長のメッセージ

何と力強く、血の通ったメッセージだったんでしょうか。

しばらく更新していなかった当ブログですが、これは自分の考えを書かねばと思いこの記事を書いています。

www.njpw.co.jp

メイ社長が公開したメッセージはプロレスファンの皆様に今すぐにでも見ていただきたい、メイ社長のメッセージを受けて止めてもらいたいと思います。

そして今回は僕のどーでもいい考えを2点ほど書いていきたいと思います。

 ①新日本プロレスが無観客試合をやらなかった理由について

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/top2.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

無観客試合をやらなかった理由としてメイ社長は3点あげていました。

①選手、スタッフを感染のリスクから守るため

②会場の使用許可

③企業の社会的責任

この3点ですね。

以前の記事で書いたのですが

www.think-njpw.com

 無観客試合の配信であろうと選手、スタッフが集まれば感染を拡大させてしまうリスクはゼロではない。そして選手やスタッフとその家族を守るためには人が集まることを避けなければいけない。

また自前で試合会場を持たない新日本プロレス、会場の使用許可が出ないと試合はできません。そしてプロレス業界の中で感染を拡大させるわけにいかない。世間のプロレスへのイメージへの配慮もあり、無観客でも試合をしないという判断になりました。

 僕はこの判断を支持していますし、今のところ選手が感染したという発表もなく『感染拡大を防止する』という目的は果たせていますね。

 

これは考えすぎかもしれませんが

大会を中止し、無観客試合すらもやらないことでプロレスファンのことも守ってくれたのでは?と今になって感じています。

ウイルスに感染することはもちろん、プロレスのイメージも守ってくれたことでファンの社会的立場も守られたのではないでしょうか?プロレスのイメージが悪くなってしまえば職場などで居心地の悪い思いをしていたかもしれません。

僕は今も「プロレスファンです」と胸を張って言えるし、TVでプロレスが取り上げられたら周囲に声を掛けてもらえます。「自粛要請にも関わらず開催するプロレスとそれに集まるプロレスファン」なんてイメージができてしまわなくて本当によかった。

 

②ファンが会社を支えることができている!

かといって活動を自粛し続け会社が倒産してしまったら元も子もない。

メイ社長によると新日本プロレスの場合は年始の東京ドーム大会の成功もあり今期は黒字決算となるそうです。

そして日頃グッズを購入したり、新日本プロレスワールドの会員としてお金を使っている皆様のおかげで会社の運営はできているそうです。驚いたことに大会の中止が続いていてもワールドの会員数はさほど減っていていないとのこと。

メイ社長からはファンへの感謝がありましたが、僕としてはいやいやこちらこそ!という感じです。

たまに思うんですよね。

TVにプロレスラーが出ていると足を引きづっていたりする。リングの上では見せないようにしていても分かってしまう時があります。

プロレスラーの体がボロボロなのは自分のせいなんじゃないか?ってたまに思うことがあります。

自分が頑張れとか立ってくれって応援するたびにレスラーは無理を重ねて、その結果日常生活にも不自由しているんじゃないかと思ってしまいます。

普段はプロレスにお金をちょっとでも落とすことで恩返しできていると思っているのですが、今の大変な時に新日本プロレスに恩返しができた!と思えたことが嬉しかったですね。

 

 新日本プロレスの今後

メイ社長は今後の見通しについても示してくれていて、無観客から段階的に大会を再開していく考えです。これについては他の記事で考えていきたいと思います。

今回一番感激したのは

「新日本プロレスの長い歴史を止めない、よりパワーアップして戻ってくる」

 という宣言です。

 力強いメッセージに待っていてよかったなと思えました。そしてプロレスが本格的に始まったらファンにパワーを届けに行くと約束してくれましたので、その時をもう少し待ちたいと思います。

今は我慢の時ですが、出口が見えてきたかもしれません。それでも気を抜かずに、またプロレス会場で元気に集まりましょう!