新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

初めて買ったプロレスTシャツは何ですか?

今回はちょっと思い出話でもしましませんか?と言う話です。

あなたが初めて買ったプロレスTシャツは何でしたか?初めて買ったCDみたいなノリですよ。

 初めて買ったプロレスTシャツ

f:id:siz0310_2:20200327054540p:plain

出典:新日本プロレスワールド

僕が初めて買ったプロレスTシャツは中西学のTシャツでした。どのTシャツかというと「お前はそれでいいや」の時に着ているTシャツです。

それは高校生の時、人生初プロレス観戦の物販で買いました。

 

僕がプロレスを見始めたのは中学生の時、きっかけは周りの話題に付いていけなかったから。

当時すでに深夜放送になっていたワールドプロレスリングを録画して見ていました。中学生の時はなぜかドハマりはしなかったんですよねー「プロレス面白いなー」ぐらいで見てました。

僕の実家はトトロが出そうなぐらいの田舎なので、本屋はおろかコンビニもない。もちろんネットも携帯もない。

高校に入ってから行動範囲が広がり、部活の帰りに本屋へ寄れるようになりました。そこで週刊プロレスという本を知ります。

思い出せば自分からプロレスに近づいていったのは高校からで、完璧にハマったのもこの頃ですね。

部活はラグビー部だったので、プロレスが好きな仲間も結構いました。その一人に「近くに新日本プロレスが来るから、一緒に観に行こう!」と誘われます。

ピンチ!ド田舎のロッキー少年には考えもしなかったことでした。

 

人生初観戦

プロレスはおろかコンサートにも行ったことがなかったロッキー少年。わが田舎にもテレビはありましたが、自分の生活とはかけ離れすぎていて現実味がありませんでした。

初めてプロレス観戦した感想は

「プロレスラーって実在したんだな」

ライガーさんはあのコスチュームだったし、永田さんはコーナーに上がって敬礼していた。実物の蝶野さんはめちゃくちゃカッコよかった(たしかバッドエンドで蝶野さんのマイクで締めていた)。インスタントカメラで写真を撮りまくった記憶があります。

「せっかく来たから何か買おう」

ということで物販で買ったのが初めてのプロレスTシャツで当時好きだった(今も好きですが)中西学のTシャツです。

実物の中西学はデカくて暴れまわっていて、もっとデカい外国人選手でも投げるし担ぐ!いじめられっ子だったロッキー少年の憧れを形にしたようなレスラーでした。リングにちゃんと実在していました。

 

ということで僕が初めてプロレスTシャツを買った経験はプロレス初観戦の思い出でもあるわけです。ですがそのTシャツはもうありません。

 人生初のプロレスグッズを手に入れたロッキー少年はうれしくって普段から部活の合宿から着まくってました。ある日、探しても探しても中西Tシャツがない!どこかに紛れ込んでないか母親に聞くと

「あの訳わからんTシャツ?汚くてクサいから捨てたよ」嘘ぉ!?ひどいぜカーチャン…。

初めて買ったプロレスTシャツ。

あなたの初めて買ったプロレスTシャツは何ですか?

よかったら思い出話を聞かせて下さいね。