新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

こんな時だから、食い逃げする内藤哲也

さてさて今回も短い記事でご報告です。

内藤哲也の東スポファミレスシリーズが更新されてました!まさかの事実が判明し、最後はもーちーろーん…!

 職質、ファミレス、若鶏のグリル

www.tokyo-sports.co.jp

 内藤に言いたいことがあれば東スポの岡本記者をファミレスに呼び出し→散々グチグチネチネチ言った後→最後は華麗に食い逃げというのが内藤の東スポファミレスシリーズのパターンなのですが

今回は職質されてしまったようですね。正直なところ体がデカくて後ろの髪が長い人と深夜出くわしたら、僕は避けます。

史上初の二冠王者が職質って…たしかオカダ・カズチカにもあったような?警察ではプロレス教育してないんですかね?どうなんですか?ピーポ君。

 これはでは高橋ヒロムを置き去りにしたり、インターコンチのベルトで払おうとしたり、「今回は払わない」と正面突破したりとあの手この手で避けてしましたが(鷹木はおごってくれた)

今回は岡本記者をトイレに誘導してそのスキに逃げるというスピーディなもの。膝の状態は良くなってると見れますね!

 

57年会

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/03/DSC_3195.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

東スポの岡本記者といえばワールド解説でもおなじみ、高橋ヒロムワールドに巻き込まれてしまった被害者の一人ですよね。

僕の周りでは知らないプロレスファンが多くて、東スポのファミレスシリーズも知らないという方が結構います。面白いからぜひ読んでみてください!

この際まとめてみようかなーという今日この頃。(あと内藤と岡本記者の縁については「57年会」でググってみたらもっと楽しいですよ。もちろんファンにはおなじみですね。)

食い逃げ常習犯の内藤でも「二冠王者なのに職質された」というおいしいネタを東スポさんにいち早く提供しているわけで、ウィンウィンなのですがお互いにそうは言わないのがプロレスですよね。

まあ公式の日記に職質されたとは書けないでしょうから。

では最初に戻って東スポの記事を読んでみてくださいませ。できれば過去に遡って読んでみてくださいませ。