新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

NEVER無差別ゴツゴツ戦線に参加してほしい選手たち

2.20後楽園にて行われる鷹木慎悟vs石井智弘のNEVER無差別級選手権。もちろんこの試合も楽しみなのです、鷹木と石井のゴツゴツの試合が日本の冬を終わらせてしまうかも。そんなNEVERゴツゴツ戦線に参加してほしい選手を、今回はその先を早まって考えてみようと思います。 

 EVIL

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/01/DSC_0526.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

まずはEVIL、どー考えてもEVIL。2.20で鷹木が勝とうが石井が勝とうが挑戦表明してほしいですね。そうなればEVILと鷹木で今の立ち位置を決める試合になるし、石井なら遂に石井越えか?という試合になります。

ただEVILのスマホサイトの日記に『優勝を目指す』を書いてあるんですよねぇ。優勝といえばニュージャパンカップでの優勝でしょう。例年優勝者にはいずれかのベルトへの挑戦権(去年はMSGでのIWGP挑戦権)が与えられていますね。

以前にEVILは狙いはIWGPだという発言もあったし、EVILにNEVERは眼中にないのか?いやNEVERも獲って二冠も獲ればいいじゃないか!「同時に二つのベルトを持てない」という概念は内藤哲也が壊したわけだし、貪欲でいいじゃないか!というか鷹木vsEVILが見たい。 

 

SHO

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_238102_7.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

鷹木vs後藤戦でゲスト解説をしていて、試合後の鷹木に絡まれたのに挑戦表明をするチャンスをつぶしてしまったSHO。いや行きなさいよ!と全国民が思ったことでしょう。

SHOは現ジュニアタッグ王者ですから控えているタイトルマッチへの配慮とかタッグパートナーのYOHへの配慮とかあったかもしれません。挑戦する気持ちだけはあるというアピールはしたという形でしたが、ちょっと足りないなー。ドラゴン張り手ぐらいしてもよかったんじゃないかなー。 会場の遠くから見たらSHOが立ち上がったものの何もしなかったように見えたんじゃないかな?

 最近のスピード感を考えると、こういうちょっとしたことで後々大きく変わっていってしまいそうですね。周りへ配慮ができることは素晴らしいことなんですが、後先考えない(鷹木相手だと考えられない)ようなレスラーがいてもいいと思うんです。 

ヘナーレ

そして後先考えなくてもいいヘナーレ。失礼ながら全然タイトルに絡んでなく、これといったストーリーもない。となれば分かりやすいアピールをして試合で見つけるしかありません。

実際鷹木もヘナーレの名前は出しているわけだし、どんどん噛みつけばいいんですよ。ヘナーレの直線的なファイトはNEVERに噛み合うはず、また総合の技術もあるのでアッと驚く試合ができるのではないかと思っております。

 近々鷹木と接点があるのかなと思ったら

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/0226_6.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

 2.26沖縄大会で当たるじゃあーりませんか!

この試合ジュニアのヒロムvs田口、棚橋vsSANADA、飯伏vsEVILとなってヘナーレは鷹木にいくしかないでしょう!沖縄の暖冬を一気に夏にしてしまうような熱い試合を期待しています!(アッ…ワールド無かった…)

ところで僕はヘナーレに過度の期待をしているので、日本の息苦しい現状を変えられるのでは?とか考えています。

www.think-njpw.com

 

新日本プロレスのベルトはIWGPヘビーをはじめとしてたくさんあります。それぞれに特色を持ってほしいなというのはみなさん思っていることでしょう。今NEVERを持っているのは鷹木ですから、ゴツゴツ路線を定着させていってほしいですね!

鷹木「自由だよ、自由。SHOやヘナーレなんかもオレの名前出してるし、オレもオスプレイに『(BEST OF THE)SUPER Jr.』(の決勝)で負けたままだし。『G1』でもね、(負けたままで)借りを返さないといけないヤツもいたから、そういった意味でも、無差別に選んでいくよ。ひょっとしたら海外行くかもしんねし、他団体行くかもしんねえし、可能性とネバー・エンドだ」

出典:新日本プロレス公式サイト

そして鷹木といえば他団体もありなんじゃないかなーと思う今日このごろ。何やら動きそうなプロレス界で鷹木がNEVERを持っているのは意味のあることかもしれないですね。