新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

BUSHIの膝は砕けない

NEVER=ゴツゴツな男達の熱い戦いなのですが、ゴツゴツばっかりやってて身が持つのか?そんな僕の心配は杞憂でしかなかった。そんなNEVER6人タイトルマッチの感想です。

 みんな大好きゴツゴツ祭り!

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

ショルダータックルの乱れ打ちから試合が始まった!ちなみに肩で吹っ飛ばすようなタクルはラグビーでは反則です。意地を張られたら張り返し、ツッパリっぱなしの4人。

その中にBUSHIとロビー・イーグルスのようなスピードのある選手もいてそれがNEVER6人の魅力なんですが、この二人が攻められながらもどう動くかが勝負の分かれ目だったりしますよね。ロビーの新日本初タイトルに期待している僕もいます。

展開は鷹木vs石井、EVILvs後藤、BUSHIvsロビーという流れです。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_239103_3.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

鷹木vs石井のそれぞれのバックボーンを感じる対戦、NEVER王座戦で見たい!そして決まったぞ!去年のG1ではNEVER王者だった石井に鷹木が勝ち、これはタイトルマッチかと思ったらKENTAとの防衛戦で石井が負けるということがありましたね。待ちに待った鷹木と石井のNEVERが楽しみです。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_234459_5.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

EVILと後藤はパワフルかつスピーディな攻防。体を絞ってキレを身に着けた後藤に対してこの体格を保ってスピードもあるEVILってすごいな。

EVILのブロンコバスターって強烈です、ただあの間が気になる方もいるでしょう。もしトレイン攻撃の中で出したら相手の心の準備ができなくて怪我人続出かもしれませんよ。あの間が待ってましたって空気になれば後楽園が完全にダークネスに染まります。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_234459_10.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ロビーの執拗な膝攻めに耐えるBUSHI。ロン・ミラースペシャルを裏返して毒霧→首固めからのエムエックスで勝ちました。膝攻め対策を練っているBUSHIに対してちょっと足りなかったかな?札幌のようにみんなで膝に下ごしらえしてからじゃないと決められないかもしれません。あのときは後藤だけ膝にいかなかったけども。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_234459_8.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

いつでもどこでもオールウェイズゴツゴツな4人。すぐにゴツゴツ祭りが始まってしまいます。欲をいえばミスマッチな組み合わせも見たいですねー後藤がBUSHIに後藤式とかBUSHIのそっちかい式トペとかロビーがEVILの膝を狙撃とか。現王者はロスインゴの3人ですから期待しましょう!

 

盗まれてしまったNEVER

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/crs_239102_3.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

試合終了直後、矢野通と田口監督が乱入!光の速さでベルトを盗んでいきました。しかもシングルのNEVERは混入しないように置いていく職人ぶり。完全に挑戦表明じゃなくてベルトを盗むのが目的でしたね。ハポン締めをぶち壊すより楽で効率的です。田口はなにしに来たんだ?

では矢野・田口が挑戦するとしてあと一人は?

僕としてはヘナーレ!ヘナーレにアピールしてほしい。そしてゴツゴツな男達に割って入って欲しい!期待しています。

ところで論・ミラースペシャルか…いやなんでもない。