新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

飯伏幸太のインターコンチにどうしても期待してしまう

ダブルタイトルマッチとなった1.5東京ドーム

それぞれのベルトに対するこだわりや二冠へのスタンスが違って、そこが面白いし見どころですね!

今回は飯伏幸太に注目していきたいと思います。

 G1覇者 飯伏幸太

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/top-12.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

夏のG1を優勝できるのは一年に一人、ベルトを取るよりも難しいのがG1。夏の過酷なG1を勝ち抜いた優勝者には東京ドームでのIWGP挑戦権が特典として与えられるのが慣例になっていますね。

G1優勝者とIWGP王者が激突する東京ドームはまさに夢のカード!ですが、G1を優勝してもIWGPへの挑戦権しか得られないということはG1優勝者よりもIWGP王者の方が格上と言ってしまえるかもしれません。

 しかしながら今年のG1を制した飯伏は実力は申し分なく、IWGP王者のオカダ・カズチカとの対戦は正に新日本プロレスの最強選手を決める戦いとなりそうで僕もワクワクしています。

飯伏のジレンマ

ちょっとだけ気になるのは飯伏自身のスタンスですね。G1を優勝して最高峰であるIWGPに挑戦するというのはいいんですが、なんとなくインターコンチの方が欲しそうな飯伏。ダブルタイトルマッチに決まった以上インターコンチにたどり着くにはIWGPを獲らないといけない、飯伏にモチベーションがIWGPにどれだけ向くかがなんとなーく気になるところですよね。

そんな部分にオカダが気づいてか広島では挑発するシーンがあって、しかも飯伏がキレた!

 まさか権利書入りのケースで殴打するとは…という感じ。何をしでかすかわからない飯伏に戻ってきたのはいいことなのか?それともどっしりと二冠を獲りにいくのか?

二冠王となったら飯伏はどうなるのか?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/03/11-74.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

インターコンチといえばどうしても気になる中邑真輔の王者時代。

IWGPとは独立した戦いを見せていった時代がありました、そこでどうしても飯伏に期待してしまう。

飯伏なら中邑のような刺激的な戦いをしてインターコンチを輝かせてくれるんじゃないか?どうしても期待してしまいますよね。インターコンチが独立したベルトとして存在し、象徴的な王者がいてほしい。

最近では長くインターコンチに関わってきた内藤哲也はインターコンチをIWGPへの足がかりにしてしまいました。それはそれでありだと思いますが、よりインターコンチ愛の強い飯伏に持ってもらいたいのもありますね。

東京ドームで飯伏がインターコンチを持つということは二冠王になるということ。そこで「僕が持っていたいのはインターコンチですから」とか言ってIWGPを返上してしまったりしたら…!それだけでインターコンチは今より輝きそうな気がするんですよね。

そして飯伏は他団体出身です。 飯伏と対戦したい選手も沢山いるんじゃないかな?そこで刺激的なインターコンチの戦いを見せていって欲しいですね。そんな展開にどうしても期待してしまいます。

 

ところで東京ドームでのダブルタイトルマッチは四人の記事を分けて書いています

内藤哲也編はこちら

www.think-njpw.com

 オカダ・カズチカ編はこちら

www.think-njpw.com