新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

両国はロスインゴの日になるのか?内籐哲也はどう動く?

10.14両国大会はEVILとSANADAが登場し、両選手が勝てばロスインゴの日になる可能性がありあます。

本当にそんなことあるのか?そのときに内藤哲也はどう動くのか?

今回は10.14両国を考えていきます。あまりまとまりはありません、いけませんね。

東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/1014_8.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

両国のセミが飯伏幸太とEVILの権利証争奪マッチ。

G1で優勝した飯伏とG1で飯伏に勝ったEVIL、しかもアメリカでは飯伏からピンフォールを取りました!

IWGPへの最短切符である権利証、G1優勝という偉業を達成した選手に与えられますがこれまで一度も動いたことがありません。EVILならこれを動かせる!という期待とG1を優勝したのに飯伏は東京ドームへ出られないのか?という疑問が残る悩ましい試合ですね。

IWGP ヘビー級選手権試合

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/1014_iwgp.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

イギリスでのIWGP戦後に(スーツで)登場したSANADA。

G1でSANADAが勝ってるので年内にはあるだろうと思っていた対戦ですが、もう今年4度目ですね。毎度面白いのでいいのですが、今回こそはSANADAが勝てるのか?というところがポイントです。G1での対戦からかなり前哨戦を引っ張ったなーという感じ。

ロスインゴの日になるか?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/WK_image.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

10.14両国のセミとメインで1.4東京ドームのメイン、IWGP戦のカードが決まってしまいます。それは権利証に「1.4のメインでのIWGPへの挑戦権」と明記してあるからです。

EVILとSANADAがそれぞれ勝てば1.4のIWGPは二人で争うことになり、近年の新日本にない光景が見られますね。それはそれで楽しみなんですが、もし二人が負けてしまうとロスインゴ勢は誰も東京ドームの後半にいないことになってしまう。そんなことってあるんですかね?

 

内籐哲也はどう動く?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/02-17.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ジェイ・ホワイトに負けてインターコンチを失ってしまった内籐哲也。目標としている二冠はおろか東京ドームのリングも遠くなってしまった現状です。

もう東京ドームまで時間がありません。正にノートランキーロ!どう動いていくんでしょうか?

もしSANADAとEVILが勝ち東京ドームのメインがこの二人になったら「ロスインゴはお互いに競い合っているユニット」という内籐の言う通りになりますが、本人のタイトルは?シングルがだめなら鷹木とタッグ?

うーんどうにも分かりませんね。

内籐が東京ドームにどう絡むかは一記事ぶち抜きで考えてみたいと思います。

ということで今回はあんまりまとまっていない記事でした。