新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

なぜKENTAは嫌われてしまうのか?

G1での参戦から突如のバレットクラブ入りを通していい評価とは言えないKENTA。今回はニューヨークでのNEVER戦からなぜ嫌われてしまうのか?を考えていきたいと思います。

吉橋健太

60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

ニューヨークにてKENTAの持つNEVERに挑戦したYOSHI-HASHI。このきっかけがIWGPタッグマッチの邪魔をされたから、とは言ってもKENTAはそんな邪魔していないんですよね。

推しの選手のチャンスを奪っているという意味ではYOSHI-HASHIも嫌われてもおかしくないんですが。

とにかく試合でインパクトを残さないと困るYOSHI-HASHI。

KENTAの今のウリはふてぶてしさでしょうか。それって間違いない強さに裏打ちされていないとただの嫌なヤツになってしまいます。

そんな二人のニューヨークでのNEVER戦は塩味の効いた内容になってしまいました。

f:id:siz0310_2:20191003035831p:plain

出典:新日本プロレスワールド

序盤はとにかくKENTAのペース。スカしたりふてぶてしく攻めYOSHI-HASHIが怒って攻めてもこの蹴りで逆転してしまいます。しかしいい蹴りです。KENTAって態度は悪くてもここまで反則はしてないんですよね。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/crs_217883_4.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

GAMEOVERもかなりエグい決まり方。このまま反らして肩が外れてもおかしくない決まりでした。しかもマウントから打撃するYOSHI-HASHIの腕を取っての入りで技術も見せたKENTA。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/crs_217883_8.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

YOSHI-HASHIのバタフライロックはなかなかいいと思う、他に使う選手いないし。ただ決まりがうーんな時があるのと1試合に1回しかしないことが説得力に欠ける理由じゃないかな。僕としては何度もギブアップを迫ってしつこくいって欲しい!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/crs_217883_10.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

最後はgo2sleepでしたが、その前の打撃が良かった。張り手の打ち合いからカウンターを取り、そこからラッシュ。そしてフィニッシュへとつなげました。

いつもあと一歩と言われるYOSHI-HASHI、今回も突き抜けられないのが敗因でしょうか。じゃあどうすればいいのか?と言われたら僕にはさっぱり分かりません。

 

KENTAはなぜ嫌われてしまうのか?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/crs_217883_7.jpg出典:新日本プロレス公式サイト

今回のKENTAの反則といえばレフェリーを巻き込み、急所攻撃、あとはGoDの介入ぐらいでしょうか?GoDについてはタイガー服部の機転で惨劇は避けられました。

ではなぜ嫌われてしまうのか?

それは内容が悪いからじゃないですかね?

今回の特に序盤、テンポが悪すぎる。のらりくらりふてぶてしくいきたいKENTAとなぜかどっしりいきたいYOSHI-HASHIが噛み合わなかった。というよりKENTAがめっちゃ噛み合った試合ってまだないですよね。

ふてぶてしくしながら重い打撃で試合を作るKENTAのプロレスはいいと思います。YOSHI-HASHIはそれで押し切れた。ではそうもいかない相手だったら?

僕が対戦してほしいのは鷹木信悟ですね。KENTAの打撃が鷹木のパワーとスピードに飲み込まれないのか?それとも鷹木が押し切ってしまうのか?そんなせめぎ合いが見たいですね。