新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

IWGPジュニアタッグは名勝負!BOPの課題を考える

ウィル・オスプレイとロビー・イーグルスのタッグチームが「Birds of Prey(バーズ・オブ・プレイ以下BOP)」。スーパージュニアからイーグルスには注目していたんですが、オスプレイと組んでみたらすごくいい!

www.think-njpw.com

 こーんな記事を書いたりして期待していました。今回はIWGPジュニアタッグ選手権の感想です。

 猛禽類の編隊飛行

60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/01-43.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

入場からヒジョーにカッコいいBOP。揃えたコスチュームもそうですが、バランスがいいですね。華やかなオールラウンダーのオスプレイとテクニシャンのイーグルス。テクニシャンでありながらオスプレイの動きにしっかり合わせられるイーグルスは間違いなく実力者です。

f:id:siz0310_2:20190918044542p:plain

出典:新日本プロレスワールド

まず目を引くBOPのいいコンビネーション。この動きなんか石森をロープに振る→オスプレイが飛び込む→飛び越えるしかない石森→空中の石森へイーグルスがドロップキック。当然空中の石森は避けられません。よーく研究してるなーというのと思いついたことを実現できる能力が二人にはあるんですね。正にスナイパー・オブ・スカイ。

f:id:siz0310_2:20190918045307p:plain

出典:新日本プロレスワールド

で、出た~!ツープラトン股間踏み!イーグルスが捕まる時間が長くなってしまいますね。体格的にも小さいイーグルスは狙われがちですが、自力で状況を打開できます。イーグルスと石森はそう変わりませんが、石森の方が大きく見えるのは筋肉量のせいかな?

f:id:siz0310_2:20190918050426p:plain

出典:新日本プロレスワールド

バレットクラブ側も良い連携を見せます。小さい石森と高身長のファンタズモはいい組み合わせ。ただプロレス界で肩車作戦が成功した記憶ってないなー、一度は成功しましたが。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/05-44.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ロン・ミラー・スペシャル決まった!オスプレイのアシストを受けてっていうのがまたいい!ロープに逃げようとする石森へ450スプラッシュで降ってくるオスプレイ、ひどい!

さらにファンタズモが捕まりますが、今度はオスプレイをイーグルスに投げ落として切り抜けます。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/06-43.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ちょっとファンタズモがすごい。場外のオスプレイへトップロープ(!)からのケブラーダからリング内のイーグルスにスワンダイブ式ボディプレス。

大体スワンダイブってロープのコーナーに近い所を使います、それはロープが比較的硬いから。でもファンタズモは中央付近の柔らかく不安定なロープを踏んでもこんな動きができます。これでオスプレイへ大ダメージを与えたのが大きかった。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/10-39.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

イーグルスはファンタズモのヒザへ450スプラッシュを決め、ロン・ミラー・スペシャルを狙いますが、蹴り飛ばされた所へ石森がベルト攻撃!飛び込んできたオスプレイを排除すると、あとはダブルトラースキック、ブラディークロス、CRⅡと畳み掛けてイーグルスをマットに沈めました。

Birds of Preyの課題

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/04-44.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

惜しくも負けてしまったBOP。今回の決め手はペース配分だったかもしれませんね。二人で攻めるBOPに対してバレットクラブ組は休むところは休む。そして勝負どころのダーティな攻めでした。どうしても捕まりがちなイーグルス、多少の反則は蹴散らしてしまうほどの勢いやスタミナが終盤残っていれば結果は違ったかもしれません。

ということはBOPの課題はイーグルスの覚醒では?頭ひとつ抜けているオスプレイと同等の実力が付いたら手のつけられないタッグになってしまうかも。

 

宿敵であるファンタズモにいまだ勝っていないイーグルス。10.14両国ではオスプレイのIWGPジュニアにファンタズモが挑戦します。タッグの結果がどう影響するのか?イーグルスはファンタズモへリベンジできるのか?今は共闘しているBOPが将来対戦することはあるのか?楽しみにしておきます。

またジュニアタッグリーグも開幕しますね。両チームは出場するとして、今回のタイトルマッチの名勝負が基準になってしまうと他のチームがきついところですね。