新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

権利証の行方は?~9.16鹿児島権利証争奪戦~

飯伏幸太とKENTAの権利証マッチ。飯伏の二冠とかKENTAのヒールターンとかよりも、G1で負けたKENTAに飯伏がどんなリベンジをするのか?地元鹿児島でボッコボコにしてしまうのか?

はたまたバレットクラブによる介入があるのか?

 飯伏の見せる景色

 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

f:id:siz0310_2:20190917045828p:plain

出典:新日本プロレスワールド

KENTAはバレットクラブ入りして入場曲が変わりましたね。髪も金髪に染め上げて悪そうです。対する飯伏は地元の大声援で迎えられリングイン。KENTAがいきなり襲った!さらに権利証ケースで殴打し、 

「オイ、鹿児島のクソヤローども! 今日からこの権利証は俺のもんだ! このダッセー、デザイン、BULLET CLUB仕様に変えとけよ!」

出典:新日本プロレス公式サイト

マイクでお客さんのヒートを買います。これがKENTAの本来の姿なのか?徹底して自己プロデュースしているのか?どちらにせよヒールとして振り切っていますね。

 

飯伏はダメージがあるため反撃が単発になりがち、G1で足を痛めながら戦った姿に重なって見えます。

徐々に飯伏は回復してきたか?鋭い打撃の応酬からハイキックの相打ち。

f:id:siz0310_2:20190917051639p:plain

出典:新日本プロレスワールド

飯伏の打撃についていけるのって今はKENTAだけじゃないかな?キックボクシングでデビューしている飯伏と打撃で互角に渡り合えるのに場外でヒザを痛めつけたりイスを使ったり、KENTAには迷いがないですね。

中盤はずっとKENTAのヒザ攻め、重たいローキックが打てるというのはヒザを攻める上で大きな武器ですね。

 やっと飯伏は反撃、滾りポーズからボマイェを狙いますが

f:id:siz0310_2:20190917053033p:plain

出典:新日本プロレスワールド

KENTAはレフェリーを掴んで逃げる。そこへ近づいてくる二つの影。タマ・トンガとタンガ・ロアを一度は排除したものの暴行される飯伏。

こうなってくると助けに来るのはYOSHI-HASHIと石井か?僕としては鷹木信悟が来るんじゃないか思いますが、誰だ?

f:id:siz0310_2:20190917053543p:plain

出典:新日本プロレスワールド

石井とYOSHI-HASHIが来た!ちょうどスーパーパワーボムを狙っていたロアを雪崩式ブレーンバスター!ひどい!YOSHI-HASHIもカチ上げ式ラリアットでタマ・トンガを排除します。石井のロアを連れ去る猛ダッシュ早えェぇぇぇ!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/19-6.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

この間にお互い回復したのか、KENTAはカウンターを決めると掟破りの逆カミゴェ!はカウント2。これは返すしかない!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/21-1.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

飯伏はG1でやられたKENTAのgo2sleepをキャッチすると、二段式のヒザ蹴りからのカミゴェ。これもカウント2で返すKENTA、あっさり決めさせないのはKENTAの意地か!?

ならばとニーパッドを外した生カミゴェで3カウント入りました。あれだけ痛めつけられたのに最後の畳み掛けは迫力がありました。すごいな飯伏。

苦しい試合を逆転し、鹿児島で権利証を守った飯伏。すると…

f:id:siz0310_2:20190917055552p:plain

出典:新日本プロレスワールド

花道にダークネスな人影が…

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/29.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

EVILが来た!権利書への堂々たる挑戦表明です。G1で足首を痛めた直後とはいえキッチリ勝ってるEVILには資格がありますよね。試合コスチュームのまま「レスラーEVIL」として来たのも気合を感じます。

飯伏「僕がまずはじめに、鹿児島で言いたいこと……、ただいま(場内拍手&歓声)。僕は去年、ここで、鹿児島で、『G1』に優勝して帰ってくると言いました(場内拍手&歓声)。そして、このとおり、今日も権利証を守りました(場内拍手&歓声)。これが最初の報告です。そして、二つ目の約束(場内どよめき)。わかりますよね? IWGPヘビーのベルトとインターコンチネンタルのベルト、二つ巻いて鹿児島に帰ってきます!」

出典:新日本プロレス公式サイト

IWGPとインターコンチの二冠宣言が出た!これを聞いたオカダ・カズチカと内藤哲也はどう思うのか?

まだまだ東京ドームへはそれぞれが防衛しないとたどり着けない、まだ誰にでも可能性はある。いやー楽しみですね。

 

ところで負けたKENTA、今回の飯伏戦はいい試合だったと思う。依然としてNEVER王者なので気になるのは次の挑戦者です。G1でKENTAが負けているのはオカダ、オスプレイ、SANADA、ファレ、ザックの5人。オカダ、SANADA、ファレがないとするとオスプレイかザック。二人共チャンピオンじゃないですか!ベルトを持っていようと、どんどん挑戦していける。そんな動きになっていくんですかね?それとも全く違う誰かなんですかね?KENTAの前にいた団体とか、年明けに東京ドームの近くで大会がある団体とかありますよね。楽しみにしておきます!