新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

案外かみ合う内藤とジェイ

9.22神戸大会では内藤哲也vsジェイ・ホワイトのインターコンチ戦があります。そこへ向かって前哨戦が繰り広げられているのですが、二人のやり取りがなかなか面白い!

今回は内藤とジェイは案外相性がいいのでは?という話です。

 楽しそうな二人

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/7-11.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ジェイは英語、内藤はスペイン語でやりとりしているんでしょうか?

ジェイは外道と内藤はロスインゴのメンバーと組んで前哨戦をしている訳ですが、これが面白い!それぞれアピールはしてくるし、ペースの握り合いがもう始まっている感じ。そしてそんなやりとりが楽しそうな二人、バックステージでのコメントも徐々に冴えてきて

ジェイ「俺は今ジレンマに直面している。ナイトーという大きな敵ではあるけれども、惹かれるところもあるんだ。日々、あいつを見ることで神戸に向けて自分の気持ちが大きくなっていく。そして愛憎、その両方の気持ちが同時進行で起こっていくんだ。これは本当に楽しいことかもしれないな。あいつのような男を倒すことは本当に楽しいことだ。そしてあいつが次に何をするか? その次には何をするか? 注意深くあいつの行動を見つめているんだ。きっと俺たちは運命なんだろう。こういうふうになるはずだったんだ。でも、その運命というものは必ずしも両方に喜びをもたらすことはない。どちらかは喜び、どちらかは落ちていく。そういう運命なんだと思う。

出典:新日本プロレス公式サイト

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/e-6-1.jpg

内藤「ジェイ・ホワイトを相手にすると、自然と笑顔になっちゃうんだよね。ジェイも一緒でしょ? 俺を相手にすると、自然と笑顔になっちゃうんでしょ? 最終戦まで時間があるから、これから毎日、タッグマッチで顔を合わせるわけだからね。今、この瞬間を、一緒に楽しもうぜ。カブロン!

出典:新日本プロレス公式サイト

G1まではほとんど接点のなかった二人でしたが、相思相愛のようです。自分がこう仕掛けたら相手がこう返してきて、さらにこう返す。ジェイがここまでやりとりするとは思いませんでした。外道を使って内籐をボコボコにするだけかと思っていた。なかなかうまいコメントも残していて

ジェイ「なあ、ナイトー、初めてになるけど、俺にもやらせてくれよ。ゲドー、ジャドー、チェーズ、KENTA、ファレ、タマ、タンガ、イシモリ、エル・ファンタズモ、ユージロー、PIETER、そしてジェイ……ノス・オトロス、BBBBBB……BULLET CLUB 4 Life! アハハハハ、アハハハハ……」

出典:新日本プロレス公式サイト

内籐のハポン締めをバレットクラブバージョンでやって挑発(さらっとピーターさんが入っているし)。そういえば内籐がロスインゴ化したときはいろいろな選手がアレルギー反応を起こしてたし、ハポン締めはあまり定着しなかった。それを揶揄してるのか「俺は最初からファンに受け入れられているぞ」という意味なのか? 

内藤「試合後のコメント、チェックしてるから。おととい東金大会のジェイ・ホワイトのコメント、『新日本プロレスワールド』で、ちゃんと動画でチェックしたぜ。『ノス・オトロス、BBBBBBBBULLET CLUB 4 Life!』。いい締めじゃん。さすがジェイ・ホワイト。頭がキレれてるね。いい締めだと思うよ。それさ、近いうちに聞かせてくれよ。

出典:新日本プロレス公式サイト

すかさずジェイをイジる内籐。これやりやすいでしょうね、ボケたら拾ってくれるわけですから。

内藤「デスティーノ、トランキーロ……ジェイ・ホワイトは随分、この言葉を気に入ってるようだね。使いたい? もしかして使いたいの? まあ、その前にまずは、スペイン語の勉強を彼にお勧めするよ。

出典:新日本プロレス公式サイト

やっぱり楽しそうな内籐。内藤にとってジェイは挑発しがいのある後輩なんでしょうか。これを試合でも魅せて欲しい、G1での切り返し合戦は記憶に新しいですし。外道の介入は多少あったもののジェイが内籐を振り切って勝っています。

G1優勝、インターコンチ、二冠と同じ目的があるからぶつかるわけで、二人のやりとりは今後も見られるかもしれませんね。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/0916_9_kenri.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

9.22神戸のインターコンチ戦の前、9.16鹿児島で権利書マッチがあります。ここで飯伏が勝つ。そうなれば共に二冠を狙う内籐とジェイにスイッチがガチッと入るかもしれませんね。

 

ところで案外噛み合う内藤とジェイ、共闘しても面白いかもしれません。うーん全然想像つかない。ということで他の競技ではどうでしょうか?

www.think-njpw.com