新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

怒りの獣神!なぜそこまで怒るのか?ライガーと鈴木みのるの真意を考える

9.8東金大会は永田裕志 WRESTLING LIFE 35周年記念試合であったにも関わらず、バックステージで激怒した獣神サンダーライガー。

今回はなぜライガーさんはあれほどに怒ったのか?

鈴木みのるはなぜあんな行動に出たのか?

二人の真意を想像して考えていきたいと思います。

 獣神は怒っている

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/e-5.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

みなさんびっくりしたんじゃないでしょうか?

メインイベントが終わりハッピーなムード、バックステージで第三世代の選手それぞれの思いを聞けると思いきや激高するライガーさんがいました。

https://njpwworld.com/p/s_series_00525_4_bs

ぜひとも動画で見ていただきたい。画面越しでも怖いライガーさんや緊迫した雰囲気が伝わってくるかと思います。僕も怖いながらも見入ってしまいました。

なぜそこまで怒るのか?

あんな襲撃を受けたら怒るのは分かります。でもライガーさんはなぜあそこまで怒ったのか?僕なりに想像して考えていきたいと思います。

鈴木みのるへの怒り

f:id:siz0310_2:20190911053848p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ライガー:鈴木のクソバカ野郎に伝えとけ。なんで放送席で放送、解説やってる俺を襲うんだ? 俺にグタグタ言うなら、リングの上から、放送席に座ってる俺に言えや。どんだけの人間に迷惑かけてんだよ! 解説途中で退席になって、(放送)機材はメチャメチャ。何を考えてんだ、あのクソバカは! やめちまえ、鈴木軍なんて! 何のためにあるんだよ! 何のために襲撃してんだよ! (シングルマッチを)やりたいならやりたいって言えばいいじゃないか! リングの上から『ライガー、そんなトコ座ってんじゃねぇよ。早くリング上がって来い。俺とシングルマッチやれよ』って。(それで)済む話じゃないのか!? 

出典:新日本プロレス公式サイト

鈴木みのるのロンドンでのIWGP挑戦やそこへ至る経緯はライガーさんも見ているはずで、鈴木の強さや努力をよく分かっているでしょう。だからこそいきなり襲撃したりイスを使った攻撃に怒るのだと思います。そんなことをしても鈴木のすごさや強さは伝わらない。

鈴木みのるは唯一無二のレスラーで強い。それなのに抵抗できない若手に手を出したり、襲撃したりして自分の価値を下げるような行為をする。また引退までに決着を付けたかった鈴木戦がこんな形で要求されている。残念な気持ちもあるんじゃないかと思っています。

容認している会社への怒り 

f:id:siz0310_2:20190911062429p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ライガー:入退場時にはセコンドに手出すわ! セコンドは仕事してんだよ。ただ単に立ってるだけじゃねぇんだよ! あいつらに手出して、何があるんだ、テメェ! お前らそれ見てて、おかしいと思わないか!? なんでこの人は、セコンドの若手に手出すんだ? 殴るんだ? イスでブン殴るんだ? お前ら、不思議に思わねぇか!?

(中略)

あんなクソみたいな(こと)するヤツ、何でリングに上げんだ、新日は? 若手がどんだけケガしてんのか、知ってんのか? あいつがこれからも新日のリングにずっと上がり続けるっていうんなら、俺もう、新日のリングを下りるよ。 

出典:新日本プロレス公式サイト

鈴木みのるや鈴木軍の無法行為に対して会社からペナルティがあるのかは分かりません。しかし鈴木がイスを使ったり若手を殴ったりするのを会社が容認しているのは事実。今回ライガーさんの口から出て初めて知りましたが、若手の選手は襲撃でケガをしているようです。

自分がこれから去るリングでこんなことがあっていいのか?将来を託すべき若手選手をいじめるような会社であっていいのか?鈴木みのるとは関係なくてもケガを理由に辞めていった選手もいます。

若手を大事にしない会社に未来はあるのか?世界中のファンが待っている引退試合を反故にしても若手を守りたい。そんな風に僕には聞こえました。

 

 鈴木みのるの真意は?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/03-26.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

 今回の鈴木みのるの行動を僕は支持できない。あんな襲撃を「プロレスだからあり」としてしまっていいのか?

たとえばライガーさんの言うように試合にきっちり勝ってリング上からシングルマッチを要求すれば通ったでしょう。なぜあそこまでする必要があったのか?

鈴木:俺がもう一度火つけてやった。なんだ、もう燃やすものないか? 燃え残ったものはないか? おい! ライガーよ! 何、勝手に楽しく余生過ごそうとしてんだよ。おい、ちょっと待てよ。てめえが生きる場所はリングの中なんだよ。その中で全て燃やしちまえ。

出典:新日本プロレス公式サイト

ライガーさんを怒らせて自分に目を向けさせるのが目的なのか?それとも本気のライガーさんと対戦したいのか?それは試合の中で見せればいいし、十分できるだけの実力はあるでしょう。

ただタイミングとインパクトは完璧だった。

これから対戦する前に、放送席のライガーさんを襲撃することで注目を一気に集めた。これでライガーvsみのる戦の期待は高まるし、いつやるのか?前哨戦はどうだ?と注目されます。

問題はタイミング

鈴木みのるとしてはロンドン大会でIWGPに挑戦するものの負けてすぐのシリーズです。「IWGP取れなかったから次はライガー戦」とすぐに切り替えるのも難しい。そこでインパクトのある襲撃をしたんじゃないでしょうか。あれでファンがライガー戦に疑問を持つことはなくなった。

やっぱりタイミングが問題で、ライガーさんの残り時間とか鈴木みのるのタイミングとか会社のマッチメークを考えてあの襲撃だった。都合があるのは分かります、それでも他に方法はなかったのか?疑問は残ります。

 

まとめ プロレスラーの強さ

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/6-12-1.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

「プロレスラーは強い」ということをライガーさんも鈴木みのるも大事にしているはず。そのために練習は大事だし、二人の体には積み重ねてきたものが刻み込まれているでしょう。それを比べ合うような試合が見たい!ただの勧善懲悪ではなくて、意味のある試合が二人ならできるでしょう。

二人の縁はどのように決着するのか?絶対に見届けなければらならい試合になりそうです。

 

ところでライガーvs鈴木戦が実現するのかどうか?と同時にライガーさんが引退してしまうか鈴木を追い出してしまう二択になりつつある二人のやりとり。さらに試合形式もきになるところ。

 もし鈴木みのるを追い出してしまったら鈴木軍はどうなるのか?時勢が大きく動く秋になりそうです。

※以前に書いた二人の縁についてはこちらからどうぞ

 

www.think-njpw.com