新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

プロレスを観戦しに行くと分かること

僕は普段新日本プロレスワールドでプロレスを楽しんでいます。地方に住んでいるのでなかなか観戦に行くことができません。 

今年のG1は名古屋大会を現地観戦することができ、「やっぱり生観戦は違うな」と気づいたことを書いていきたいと思います。まだ観戦に行ったことがないという方はぜひ参考にしてみてください。

 音の大きさが違う!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/10-93.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

プロレスを観戦に行ってまず感じるのが音の大きさじゃないでしょうか?

打撃の音やマットに叩きつける音、ボディスラム一発をとってもすごい迫力です。体重100kgを超える人間が投げたり投げられたりしてるわけですから、プロレス会場は普通に異空間です。

よくある「パチン」という音は自分で腿なんかを叩いて出すテクニック、これはこれで大きい会場の隅まで伝えるためにありだと思います。ですがリングの中では思っている以上に戦いの音がしていますよ。

またお客さんの歓声が近い!みんなの応援する声が聞こえてきます。大技でドカンと盛り上がったり、ブーイングしたりスピーカーから聞こえてくるのとは迫力が違いますね。

プロレスラーがデカい!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/5-5-8.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

普通に生活していると体重100kgを超える人間に会うことはほとんどありません、しかも筋肉で体を作っているプロレスラーを間近で見るとびっくりします。

腕とか脚とか首とかめっちゃ太いし、リングが小さく見えるデカさ!ランス・アーチャーを見ることができましたが「あれ?リングちっちゃいな」と錯覚してしまうほどのデカさ。それだけでも見に行く価値がありますね。

サイン会や撮影会で間近で見ることができれば、怖いぐらい大きく感じると思います。逆に感じる自分の小ささ「自分は努力してるのか?」と恥ずかしくなってしまいますね、筋トレしないと!

プロレスファンは多い!

f:id:siz0310_2:20190710044932p:plain

出典:新日本プロレスワールド

僕は身の回りにプロレスファンが少なく「本当にいるのかな?」と思ってしまうこともしばしばです。ですが会場に近づくにつれ、ちらほら見かけるようになるプロレスTシャツ、最寄り駅を降りれば会場までの道を知らなくても(きちんと調べましょう)プロレスTシャツに着いていけば会場にたどり着ける。いやープロレスファン増えましたね!嬉しい限りです。

会場内では思い思いに声援を送ったり、大技に一緒に反応したり同じ趣味のある仲間っていいですね。ちょっと欲を言えば僕の住んでいるような地方大会でも超満員になるようになってほしいなぁ。

 

観戦マナーは当たり前!でもとことん楽しむ

f:id:siz0310_2:20190828051657p:plain

出典:新日本プロレスワールド

試合開始前にマナー動画が流れるようにマナーを守るのは当たり前です。会場に行って分かったのが、みなさんしっかりマナーを守って観戦されています。プロレスを楽しみに来てるんだなーという印象。「マナーを守ってプロレス自体を楽しもうよ」という雰囲気になってきました。

窮屈に感じる一部の方がマナーを逸脱してしまうのかもしれません。プロレス会場に行くことが目的でプロレスを観ることが目的でないとそうなってしまうのかも。自分だけが楽しい観戦がしたいなら、今はワールドがあるので自宅でどうぞ。

あと動画撮影は禁止です、これ案外忘れがちだと思います。写真はOKなので、その延長でついつい動画を撮っている方を結構見かけました、スマホで簡単に撮れますしね。ネットにアップしてやろうとかそんな気持ちはなくても、つい忘れてやってしまう感じでしょうか。仲間同士とかで注意し合えるといいですね。

試合の感じ方が違う

f:id:siz0310_2:20190808050951p:plain

出典:新日本プロレスワールド

これが一番びっくりしたことで、ワールドで見ている時と試合の印象が全然違いました。選手の技ひとつの感じ方も違うし、試合展開も「次はこうくるだろうな」とか全然考えずに観ていました。ワールドだとあんまり面白くない(しょっぱい)と思っている選手でも技が決まると嬉しいし、悪いことをされると本気で腹が立ちます。

僕が観戦経験が少ないからかもしれませんが、観たまま感じたままに楽しむのがプロレスの本質なんじゃないかと最近考えています。

プロレスラーは常にライブです。相手にも会場のお客さんにも意識しながら戦ってあれだけの試合をしています。これってすごいことですよね。観戦に行くとそれがダイレクトに伝わってくる感じがしました。

 

まとめ

僕がプロレス観戦をして感じたことを書いてきました。

 新日本プロレスワールドができていつでもどこでも(‼)プロレスを楽しめるようになりましたが、会場で観るのはまた新しい発見がありますよ。もちろん周りに愛すべきプロレスファンがいるのでマナーを守るのは当たり前ですね。

「リングが遠い席だと選手の表情がわからない」「隣の人が合わないファンだった」とか観戦の不安要素はありますが、会場の空気を感じるのも会場でしかできないことです。まだ行ったことがないという方はぜひ行ってみてください!

 

最後に一つだけ

「会場で飲むビールはうまいが、終わってから飲むビールのほうが何倍もうまい」

会場での飲酒はちょっとだけにして(できれば飲まずに)プロレスを楽しんで、終わってから仲間と飲むのが最高でした!