新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

東京ドームで内藤は二冠できるのか考える~ダブルタイトルトーナメントにしましょう!~

前回の記事に続きまして、G1一夜明け会見で出た飯伏案から2020年の1.4・1.5でのダブルタイトルマッチについて、そして内藤哲也は二冠できるのか考えていこうと思います。

前回の記事はこちら⇓
www.think-njpw.com

いま決まっていること

https://www.wrestlekingdom.jp/images/top/img_logo.png

出典:新日本プロレス公式サイト

新日本プロレスの最大のビッグマッチと言えば1.4(イッテンヨン)東京ドーム大会。まだまだ情報は少ないですが、今分かっていることを整理してみましょう。

・2020年の1.4・1.5(土日)は東京ドーム2連戦

・キャッチフレーズは「人生変えるイッテンヨン、伝説創るイッテンゴ」

・現在飯伏が保持する権利書は1.4のメインでのIWGPへの挑戦権

・ライガーさんの引退試合がある

 あとはG1一夜明け会見で飛び出した「飯伏案」。勝手に命名しましたが、1.4でIWGPへ挑戦し勝てば1.5でインターコンチにも挑戦するというもの。あくまで飯伏の持っている権利書には「1.4メインイベントでのIWGP」挑戦権と書かれているのでこんな話になっています。

飯伏案は「権利書はIWGPへの挑戦権だけど思い入れのあるインターコンチへも挑戦したい」という意味なのでダブルタイトルマッチになるだとか、飯伏が負けた場合はどうなるかとか、整理されていません。

ということで

 トーナメントにしましょう!

f:id:siz0310_2:20190822051207p:plain

しょっぱい表ですいません

飯伏からIWGPもインターコンチも挑戦したいという案が出てなにやら話が飛躍しそうですが、簡単にトーナメントにすれば分かりやすいですね。1.4ではIWGPとインターコンチそれぞれのタイトルマッチをして、両王者が1.5にてダブルタイトル戦をするというトーナメントにしましょう!

これで権利書の1.4メインにてIWGP挑戦の部分も守られるし、何より勝者総取りの刺激的なトーナメントができます!

これで1.4を見たらもちろん1.5を見るしかありません!正に「伝説創るイッテンゴ」です。

インターコンチ挑戦者は誰だ!

ダブルタイトルトーナメントにするとエントリーするのはIWGP王者、権利書保持者(現在飯伏)、インターコンチ王者、インターコンチ挑戦者の4人になり、誰かがベルトを総取り二冠王となるわけです。両王者と権利書保持者はその資格があると思いますが、ではインターコンチ挑戦者は?

例えばインターコンチ挑戦者決定トーナメントをやるなどして二冠にふさわしい選手を選びたいところです。

 

内藤哲也は二冠できる!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/08/10_06.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

内藤が目標としているIWGPとインターコンチの二冠。G1に優勝することが最短ルートだったわけですが、ジェイ・ホワイトに負けたことで消えてしまいました。そこへ降ってわいた飯伏案、このチャンスは逃せません。もしダブルタイトルトーナメントとなった場合、内藤哲也にとって二冠への距離は近くなるはずです。

もしインターコンチ王者のままG1を優勝していたら、インターコンチ王座の防衛戦と権利書の防衛戦をこなしていかなければらなず、かなりのハードスケジュールになっていたでしょう。

またインターコンチの防衛戦に負けてしまってもダブルタイトルトーナメントにエントリーできればまだ二冠のチャンスは残ります。まあこれは他の選手でも同じですね。

なぜ内藤は二冠できるか?

f:id:siz0310_2:20190720040624p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 僕は内藤哲也は二冠できると思っています。なぜ二冠できるかというと、僕が二冠をしてほしいから。

なんじゃそりゃ?という感じですね、僕もそう思います。

 内藤は実力は申し分ないですが、コロっと負けることもある。G1のモクスリー戦なんかそうですね。「勝った負けたでプロレスしていない」内藤はオカダにはできないポジションで新日本に貢献しているとも言えます。

ですが「どうしても勝ちたい」という内籐の姿も見たいですね。G1後藤戦でちらっと見えたキラー内籐にも期待しています。そんな姿が出てくれば二冠への説得力が出るんじゃないでしょうか?

www.think-njpw.com

そんなことをこの記事でも考えています。

 

まとめ

飯伏案として他の選手から二冠について発言があったのは初めてじゃないでしょうか?今までスルーされてきた「二冠」が選手間で議論されるのはいいことだと思います。

僕は内藤に二冠してほしい、一番ふさわしい選手だと思います。同時にオカダからベルトを奪うのも内籐であってほしい。

そこらへんは次回の記事で考えていきたいと思います。

 

最後に宣伝ですが「内籐二冠シリーズ」として色々考えているので、よければそちらも読んでみてください。

www.think-njpw.com