新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

巻き返しのジェイ~8.8横浜G1公式戦~

 この記事は8.8横浜ジェイ・ホワイトvsジュース・ロビンソン戦のみの感想になっています。

後味の悪い試合になってしまいました。対象的に名勝負だったメインイベントはこちら

www.think-njpw.com

 以前に書いた記事で

www.think-njpw.com

 Bブロックで一番有利なのはジュース・ロビンソン。それは独走しているモクスリーと一度対戦しているから。と書きましたが、勝ち点が伸びずリーグ戦敗退が決まってしまいました。

この時は8.8横浜が重要な試合で、同じ時期にヤングライオンだった二人が優勝決定戦進出をかけて戦うと考えてていたんですが…。僕の予想は当たらないですね。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/01-110.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

序盤からスカすジェイ、外道の存在もあってジュースは集中できません。

この二人ならしっかりしたレスリングを見せられると思うんですが、これが試合の幅といえばそうなんでしょう。

f:id:siz0310_2:20190809053957p:plain

出典:新日本プロレスワールド

場外でジュースの膝を攻め、ラフで確実な方法で膝を攻めて行くジェイ。テクニックは確かなものがあります。ジュースは身長があるから膝から崩していくのは理にかなっているし、その攻め方にダーティさが加わって強さと憎たらしさを感じます。

f:id:siz0310_2:20190809054645p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 ジュースが膝が痛いながらもジャック・ハマー!高角度で決まりました。やっぱりこの技ジュースにピッタリです。ジェイは裏投げ、ジュースはフルネルソンバスターと削り合いになってきた!

f:id:siz0310_2:20190809055207p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 ジュースは身長をいかした落差のあるパワーボムからマスティケイター(抱え込み式エビ固め)。僕はこういう攻防が好きですねーハラハラします。よくみるとパワーボムのフォールのときには次の体勢に移っていたことがわかります。うまいなー。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/10-100.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

 終始膝を攻めるジェイ。バリエーションが豊かで、ジュースの攻撃を寸断していきます。ここまではよかったんです、ライバル同士の勝負だったんですが。

f:id:siz0310_2:20190809060247p:plain

出典:新日本プロレスワールド

外道の介入からレフェリーがダウン。パルプフリクションを抜けてイスに叩きつけると、散々痛めつけた膝を殴打!さらにJTOでジュースは屈辱のタップアウト。

 

借りを大きく返したジェイ

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/11-97.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

試合後にはブレードランナーまで決めたジェイ。思えばUSヘビー王者だったときはこのジュースにベルトを取られたわけだから、ジェイにとっては借りを返したことになります。

ジェイにはしっかりプロレスを見せる実力はある。外道の介入もいらなくなってきているでしょう。今回のジュースは格好の相手でした。パワーと躍動感をもって攻める明るいジュースに対して、関節技と切り返しで対抗する暗いジェイという構図にすることもできた。今回はインサイドワークも含めた実力を発揮してジュースに完勝しました。これが今の自分とジュースの差だと言わんばかりに。

ジェイの実力なら名勝負を連発することもできますが、そうなるとヒールとしての純度が薄くなってくる。でも見たい。ジュースに勝ったことでジェイは望みをつなぎました。さらに進化したジェイの姿が見られるのはG1の決勝でしょうか?

 

 無言のジュース

6.9大阪でモクスリーにUSヘビーを奪われてからノーコメントのジュース、シリアスさを出していて一皮むけた感があります。最終戦はジョン・モクスリーです。タイトルマッチのリベンジを果たしてほしいし、USヘビーを取り返してほしい。

G1の勝ち点としてもジュースの結果は他の選手にとっても大事になってきます。誰がブロック突破し優勝決定戦へ進むのか?これは別の記事で考えたいと思います。