新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

EVILの意地を飲み込んだオカダ~8.7浜松G1公式戦~

 G1リーグ戦最終日はEVILとオカダの熱い戦いになりました。

この記事は8.7浜松のメインイベントEVILvsオカダ・カズチカ戦のみの感想になっています。

 EVILのG1は終わってない!

 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Aブロック公式戦

まだEVILには優勝決定戦進出の望みはあります。EVILは現在Aブロック3位ですが、2位の飯伏に勝っています。1位であるオカダ・カズチカに勝てば3人で同点で並んでもEVILが有利です。これにはまずオカダ戦に勝つことが必要条件。

8.3大阪でSANADAはついにオカダに勝った、じゃあEVILは?2017年のG1ではオカダに勝ち首を痛めつけてオカダの勢いを殺したEVIL。その再現となるんでしょうか?

オカダに勝つにはレインメーカーを封じることがポイントだと思いますが、EVILの対策は?

f:id:siz0310_2:20190808041846p:plain

出典:新日本プロレスワールド

EVILの入場から会場はダークネス一色、この応援カードってどなたかファンの方が用意されたんでしょうか?会場の期待が伝わってきます。なーんかオカダは髪型がキマっていない気がする、これはいけるぞ!

そしてゴング!

ヘッドロックの掛け合いは全くの互角!ゆーったりとしたペースで攻防が進んでいきますが

f:id:siz0310_2:20190808043634p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 首を踏みつけてからのブロンコバスター!体重とスピードがあるEVILにぴったりですね、これ。あとセントーンがもっと当たれば肋骨ボキボキになりそう。

f:id:siz0310_2:20190808044305p:plain

出典:新日本プロレスワールド

このエルボードロップは肘が危ない感じで入ったように見えます。胸のあたりに刺さるようなインパクト。ドロップキックで場外へ転落したEVILはせきこんでいました。 大丈夫か?

f:id:siz0310_2:20190808044635p:plain

出典:新日本プロレスワールド

EVILホームランでお返し!バックスクリーン直撃しそうな威力!リングに戻って雪崩式ブレーンバスター!激しい打ち合いの最中、試合時間20分!

問題はここからですよ、EVILが押し切るのか?オカダが飲み込んでしまうのか?

f:id:siz0310_2:20190808045446p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 まずい!ツームストンもらってしまった!ここから必殺フルコース!ではなくて一進一退、お互いの意地がぶつかり合います。EVILのラリアットと返すとオカダはバックスライド式のレインメーカー、手をつないだままレインメーカー連発!

f:id:siz0310_2:20190808050541p:plain

出典:新日本プロレスワールド

EVILは正調レインメーカーをかわすと、タイガー&ドラゴン2連発!この動きの速さ!そう簡単には終わらないぞ!試合時間25分、残り5分!

f:id:siz0310_2:20190808050951p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 オカダのドロップキック!この時間でこの高さ!重低音ストンピングもすごいけど、元井さんの声が太くなってきた!

f:id:siz0310_2:20190808051336p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ローリング式レインメーカーにヘッドバットでカウンター!さらにラリアットでなぎ倒した!

きた!と思ったんですが、オカダのレインメーカー連発に飲み込まれて EVILは負けてしまいました。

 

強い強いオカダ

f:id:siz0310_2:20190808052857p:plain

出典:新日本プロレスワールド

本当にオカダはプロレスをやっていてくれてよかった、と思える能力の高さ。それを感じた試合でした。これだとニュージャパンカップ、IWGP、G1と総取りしてしまいそうな2019年です。

オカダの身体能力は素晴らしい、それがオカダの魅力だとすると、衰えた時のオカダの魅力って何になるんでしょうか?ちょっと気になるけどまだ大分先の話で、その時にはまた違ったオカダになっているでしょう。

 

EVILの意地

f:id:siz0310_2:20190808052508p:plain

出典:新日本プロレスワールド

結局EVILはレインメーカーを何発もらったのか?何発もレインメーカーを引き出したのもEVILの実力です。負けたことでEVILのG1敗退が決まり、オカダか飯伏のどちらかが決勝進出とすっきりしました。これでファンもわかりやすくなった。

EVILのオカダからの負けは必要な負けなのか?

確かに負けたけど、自分の魅力をしっかり出し、簡単には負けなかったEVILに僕は拍手をおくりたい。

組織にいればいろいろな都合がある、誰だってそう。そんな中で頑張っているEVILが僕は好きだ。