新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

空と闇の王様~8.3大阪G1公式戦~

時系列的には前後しますが、8.3大阪のEVILvsウィル・オスプレイ戦の感想です。8.4大阪の内籐哲也vs鷹木信悟戦はこちらです

www.think-njpw.com

 王様のいるリング

 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Aブロック公式戦

ウィル・オスプレイは高い運動能力を生かしたファイトが魅力で、正真正銘の空の王様。IWGPジュニア王者としてG1に挑戦し結果は振るわないながらも素晴らしい試合をしています。

対するEVILは闇の王様、とか言ってる色物キャラ

では決してない!

自分のキャラクターを貫きつつ、新日本の生え抜きとして戦っています。

そして何でもできてスピードもあるEVILは

f:id:siz0310_2:20190806033941p:plain

出典:新日本プロレスワールド

オスプレイのスピードについていきショルダータックルでふっ飛ばした!ランス・アーチャーばりのタックルです。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-1-13.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

豪快なスイングでEVILホームラン!これは場外弾。

首を痛めたオスプレイに集中攻撃です。正統派なレスリングもでき、場合によってはヒールに徹することもできる。この幅がEVILの魅力で、EVILにしかできないこと。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-4-12.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

オスプレイは素晴らしい身のこなしでブレーンバスターをスタナーで切り返したり、華麗な飛び技。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-6-12.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

パワーボムというよりライガーボムで投げきった。オスプレイのパワーはヘビー級の選手でもしっかり投げきることができます。全然無理してる感じがしない、キックを始め打撃もしっかりしている。恐ろしい選手ですね。

パワーで攻めるEVILに対して、体格で劣るオスプレイがスピードでとはならず。そのパワーのままオスプレイのスピードについていくEVIL。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-8-11.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

カウンターのスパニッシュフライやオスカッターを耐えきったEVIL。特にスーパーオスカッタを止めたのが大きかった。

最後はEVILがテキーラ・サンライズ(タイガー&ドラゴンといえばいいのかどっちだ?)2連発で首に大ダメージを与えると

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-11-11.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

体ごとカチ上げるラリアットでふっ飛ばした!ここからEVILにつなげて3カウント!

 

EVILは強い!

f:id:siz0310_2:20190806042449p:plain

出典:新日本プロレスワールド

最近はなんでもできる選手が増えました。オスプレイはグラウンド、飛び技、投げ、打撃とどれをとっても一級品で格闘能力だとEVILよりも上かもしれません。

 それでもEVILが勝った。プロレスラーとして強いのはEVILでした。

EVILだって身体能力は高いし、オスプレイの動きに最後までついていけた。オスプレイの攻撃に耐えきってザ・プロレスラーとしての強さを見せてくれました。

「オスプレイ頑張れ!」となってしまいがちな空気をしっかり技を受け、説得力のある技で引き込めたのはいいですね。

EVILはまだ優勝決定戦進出の可能性を残していて、次はオカダ・カズチカ戦です。一昨年のG1ではオカダに勝ち、首を痛めさせました。オカダを圧倒してしまうようなEVILがみたいなぁ。

 

ちょっと気になる鷹木信悟。同じロスインゴでもパワーとスピードを兼ね備え、タイプの似ている二人は普段対戦することもありません。シングルマッチをしたらどうなるのか?かなり興味がありますね。真っ向勝負の名勝負間違いなしですね!