新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

Bブロックで一番有利なのはジュース!?

 8.1高松大会が終わり、モクスリーがまさかの敗戦!Bブロックは2位以下が団子状態の混戦になってきました。今回はその中でも有利なのはジュースなのでは?という記事です。

混戦になってきたBブロック

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/08/B%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

さて8.1高松大会の終了時点での星取りですが、モクスリーが勝ち点10で独走状態なのは変わりません。ただ1敗したことで他の選手が追い付ける可能性が出てきました。

そして勝ち点6で同率2位なのがジュース、石井、矢野、後藤、コブ、内藤、ジェイと7人(!!)もいます。その中でもモクスリーとの直接対決を残しているのがジュース、後藤、ジェイの3人。あとリーグ戦はそれぞれ3戦、試合に負ければ脱落となっていきます。

直接対決が有利!

なぜ直接対決が有利かというと1位の選手が勝ち点で同点に並んだ場合、直接勝っている方の選手が優勝決定戦へ進めるからです。勝ち点で劣っていても直接勝てば勝ち点2を奪える上に、直接勝っているという状況を作り出せます。

Bブロックは1位のモクスリーと直接対決を残しているのがジュース、後藤、ジェイの3人です。当然他のモクスリーに負けている選手より有利で、この中ではジュースが一番有利ではないかと思っています。

 

ジュースが有利な理由

f:id:siz0310_2:20190727060736p:plain

出典:新日本プロレスワールド

Bブロックで他の選手になくてジュースにだけあるものは

モクスリーとの対戦経験です。

USヘビー級のタイトルマッチで負けてしまいましたが、モクスリーとの対戦を経験しています。これが大きいんじゃないでしょうか?

前哨戦もなく初対戦だと初見の相手に押し切られてしまうかもしれません。ジュースはタイトルマッチで机を使った攻防やデスライダーを一回受けている。ダメージの逃し方や切り返し方を研究しているでしょう。

もう二度とモクスリーには負けられない、ジュースはモクスリー戦へ向けて相当な覚悟で挑むはずです。

天王山は8.8!

f:id:siz0310_2:20190803145928p:plain

出典:新日本プロレス公式サイト

ジェイ・ホワイトは8.4大阪でジョン・モクスリー直接対決があります。これに勝ち、同日にジュースもタイチに勝っていると、8.8横浜でのジュースvsジェイ戦が大きな試合になります。これに勝ったほうが優勝決定戦へ大きく前進し、両国のメインとなるでしょう。特にジュースは8.11両国でモクスリーと対戦します。

USヘビーを奪われてから人が変わったように良くなったジュース。ついにモクスリーへリベンジを果たし、優勝決定戦へと進むんでしょうか?

 

まとめ

Bブロックはモクスリーが独走状態です。

ジュース・ロビンソンだけがデスライダーの威力を身をもって知っていて、最終日に対戦がある。という所からジュース有利なのでは?と考えてきましたが、それはモクスリーが負け続けたらの話です。もちろんジュースも勝ち続けないといけない。

これまでのキャリアを全て捨てて新日本プロレスで1からやり直したジュース。遂に掴んだUSヘビーはモクスリーに奪われました。モクスリーにリベンジし、栄光を掴む夏となるんでしょうか?

ところでまだG1は3戦を残していて、勝ち点の話はいつもたらればになってしまいます。矢野に不覚を取ったものの、ずっと勝ってきたモクスリーが負ける想像がつきません。ですが…

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/6-12-11.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

この表情を見ればあるかも?と思ってしまいます。