新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

G1名古屋大会で流れが変わる!これからの注目ポイントをおさらい

G1 CLIMAX29はABブロックそれぞれ4戦が終わりました。各ブロックのリーグ戦は全9戦なので、だいたい半分。次の5戦目がブロック突破に大きく影響しそうです。

今回はそんな各選手の星取りとこれからの注目ポイントをおさらいしていきます。

ブロック突破のポイント 

■『 G1 CLIMAX 29』大会規定 
●20選手がA・B、2つのブロックにわかれてリーグ戦を行う。 
●公式リーグ戦はすべて30分1本勝負。 
●すべての勝ちは「2点」、すべての負けは「0点」、すべての引き分けは両選手「1点」、無効試合は両選手「0点」とする。 
●8月12日(月・祝)東京・日本武道館において、 
Aブロック1位選手とBブロック1位選手が時間無制限1本勝負で優勝決定戦を行う。 
●1位選手が同点の場合はリーグ戦の直接対決の勝敗で順位を決定する。 
なお1位選手が複数で直接対決の優劣がつかない場合は優勝決定戦進出決定戦 (ルールは状況に応じて決定する)を行う。

出典:新日本プロレス公式サイト

G1のリーグ戦では総当たりで勝ち点を争っていくわけですが、一位の選手が勝ち点で並んだ場合、直接対決の結果で勝っている選手が一位となります。このルールが今までドラマを生んでいますね。ということは優勝候補の選手に勝てば勝ち点2だけでなく、同点で競った時に有利になりブロック突破へも前進できる訳です。

そして今は負けが先行していても、勝ち点の多い選手に勝てば2点取れるだけでなく直接勝ったという結果も残ります。ですので優勝候補の選手や勝ち点の多い選手との対戦を残している選手はまだまだわかりませんよ。

タイトルマッチが組まれる!?

もう一つ重要なポイントはG1の結果が下半期に影響するということです。もちろん優勝すれば東京ドームでのメインイベント権利書が与えられます。さらに各ベルトの王者に勝てばG1後にタイトルマッチが組まれることもあります。やっぱりG1は熱いシリーズで下半期のストーリーを作るシリーズでもあります。

Aブロック

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/A%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%BF-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

Aブロックはオカダ・カズチカとKENTAが負けなしの4勝で8点。この二人が抜けています。続くのが棚橋弘至、飯伏幸太、EVILの4点、他の選手は2点です。以外にもSANADAがまだ1勝なんですね。これからの注目は

オカダとKENTAの全勝対決

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/0727_09.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

 お互いに4勝無敗のオカダとKENTAはついに7.27愛知で直接対決します。どちらかの全勝が止まります、二人共負けるところが想像できないですね。どちらかが負けることで流れが変わるのは間違いなく、そのままガタガタッと落ちてしまうこともあり得ます。

相手の技は受けきって見せるオカダですからKENTAの蹴りも受けるはずです。それがどれだけのダメージになり後半へ影響するのか?KENTAは蹴りを受け切られたら何を出すのか?このあたりが楽しみですね。

 まだいける飯伏とSANADA

すでに2敗している飯伏、さらに開幕戦で足首を痛めてしまいました。動きを見る限りかなり回復したようです。また棚橋・オカダとの対戦を残しています。これはSANADAも同じで3敗していながら棚橋・オカダ・KENTA戦が残っているので、勝てるとまだまだ分かりません。

個人的に頑張ってほしいEVIL

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/2_2-5.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

新日本生え抜きの誇りをもってG1に望むEVILは優勝候補の飯伏、ロスインゴの同門SANADAに勝っています。KENTA戦良かったですね。負けてしまったのは残念でしたが、かなりEVILに引き込まれました。

まだ棚橋・オカダとの試合を残していて名古屋ではザックと当たります。このザック戦が注目で、去年はクリス・ジェリコの乱入で流れてしまった試合。またEVILはザックの持つブリティッシュヘビーをアピールしていて、これはイギリス大会につながっていきそうですね。

なかなか結果のでないEVILがザック戦から爆発してくれることを期待しています。いや爆発します!

 

Bブロック

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/B000-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

Bブロックはモクスリーが全勝で独走しています。誰がモクスリーを止めるのか?ストップ・ザ・モクスリーがBブロックのテーマですね。もし元WWEのモクスリーが全勝優勝してしまうと新日本はそんなもんかとなりかねない。僕が注目しているのは新日本の生え抜きの選手です。

ジュース・ロビンソン

f:id:siz0310_2:20190727060736p:plain

出典:新日本プロレスワールド

6.9大阪でモクスリーにUSヘビーのベルトを奪われて以来、明るいキャラクターを封印したジュース。これがいいですね!もちろん明るいジュースも好きなのですが、G1にシリアスさがフィットしているように見えます。そして最終戦、仕上げで対戦するのがモクスリーです。この試合でジュースはリベンジできるのか?この結果がG1にどう影響するんでしょうか?

ジェイ・ホワイト

f:id:siz0310_2:20190726063816p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ジェイも優勝候補ながら開幕3連敗と苦しみました。ヒールっぷりが目立つジェイですが野毛道場出身です。まだ内藤・モクスリー戦を残していて、タイチとの極悪対決なんて楽しみすぎます(外道とあべさんの場外乱闘はあるのか!?)。生え抜き選手がモクスリーに勝ち最終日内藤に勝ってブロック突破もまだまだあります。

内藤哲也

f:id:siz0310_2:20190725041634p:plain

出典:新日本プロレスワールド

僕の本命は内藤、というよりキラー内藤です。後藤の膝を徹底的に攻めたキラー内藤。この姿がG1優勝、果てはインターコンチとIWGPの二冠へ繋がるんじゃないでしょうか?そして7.27愛知で全勝のモクスリーと対戦します。怖い内藤が嫌というほどモクスリーに新日本プロレスを叩き込み失速させてしまうんではないかと予想しています。内藤はそのまま優勝へ突っ走ってしまうかも。

 

まとめ 決戦は名古屋!

オカダvsKENTA戦、内藤vsモクスリー戦はどちらも愛知2連戦のメインイベントです。また新日本vs外敵という構図になっていますね。この試合の勝者がブロックを突破しそうな気がする。

G1の全9戦の5戦目、ちょうど真ん中が愛知。ここで流れが変わり、星取りも激しくなるでしょう。愛知2連戦はG1後半戦へ繋がる重要な試合になりそうです。