新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

ジェイ、やっと勝利~7.24広島G1公式戦~

この記事は7.24広島のジェイ・ホワイトvsジェフ・コブ戦のみの感想になっています。

他の試合の記事はこちらからどうぞ

www.think-njpw.com

www.think-njpw.com

 外道の献身

 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦

ジェイ・ホワイトは開幕から後藤、石井、矢野と裏切った禊のようにCHAOS勢に3連敗し苦戦しています。ジェフ・コブも2敗でなかなか実力を発揮できずにいます。

特にジェイはこの試合を負けると優勝からはかなり遠ざかってしまいまので、なんとしても勝ちにくるでしょう。そんなジェイのインサイドワークなんて有り余るパワーで粉砕、遠くへ投げ飛ばしてしまうコブの姿が僕は見たかったりします。なんせパワーのある外国人選手大好きなので!

f:id:siz0310_2:20190726060255p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 がっちり組み合うとコブが大きいのかジェイが細いのか、軽々投げ飛ばしてしまいます。ジェイは場外へ逃げたり間を作りたがる。

f:id:siz0310_2:20190726060604p:plain

出典:新日本プロレスワールド

邪魔した外道をリングインさせお仕置きタイム!かと思いきや後ろから襲いかかるジェイ。 さらにエプロンからのネックブリーカーで流れが変わってしまいました。外道のオーバーアクションも作戦の内。

f:id:siz0310_2:20190726061421p:plain

出典:新日本プロレスワールド

コブの画面に収まりきらないフロントスープレックス →高いショルダースルー→サイドスープレックス→ブレーンバスター!投げコンボかよ!さらにその場飛びムーンサルトを上乗せ。これはカウント2。普通なら死んでる、受けてるジェイもすごい。

f:id:siz0310_2:20190726061934p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ジェイのコンプリートショット、こういう流れの中でもカウンターがうまいですね。コブの体重でも裏投げできるパワーもあるし。 

 えええ!?足を引っこ抜いて捕まえて投げ!?アンビリーバブルや!初めて見た…。

さらにエプロンから引っこ抜いて雪崩式ブレーンバスター!ジェイは肩をちょっと上げることしかできません。

コブは仕上げのツアー・オブ・ジ・アイランドを狙いますが嫌がったジェイを振りほどくとレフェリーと激突!すかさず外道が入ってくる

f:id:siz0310_2:20190726062959p:plain

出典:新日本プロレスワールド

外道に気を取られたら急所攻撃!

SSSからのブレードランナーは高速ジャーマンで返したコブ。ツアー・オブ・ジ・アイランドを狙いますが、ブレードランナーで切り替えされて3カウント入りました。

 

やっと1勝したジェイ

f:id:siz0310_2:20190726063816p:plain

出典:新日本プロレスワールド

外道の再三の介入でやっと勝ち点2となったジェイ。 優勝候補と言われながら開幕3敗は痛かった。ですがこれからの対戦はBブロック一位のモクスリー、2位のジュース、追い上げてきた内藤と当たります。直接勝っていけばブロック突破もまだまだあります。

外道の介入や急所攻撃は褒められたもんではないですが、僕のちょっと気になったことを一つ。分かりにく画像で申し訳ないです、ジェイの肩が割れてきているのが分かるでしょうか?急激に筋肉が増えるとこうなるそうで、ジュースもなってました。今後ジェイのインサイドワークにパワーも付いてくるとなると手が付けられなくなりそう、ブーイングどころではないかもしれませんね。

「誰か早くジェイを止めろ!」ジェイ・ホワイトはそんな選手になっていくかもしれません。

 

スープレックスパーティはまだか?

ジェイ戦はかなりスープレックスパーティしてたとは思いますが、残念ながら勝ちにつながらないコブ。コブって体は大きいけど投げれれないほどではない、そして投げれらると自分の体重が裏目に出る。うーん厳しいですね、関節技もほとんどつかわないし。

コブはもういいところだけを残して、パワーとスープレックスだけで押すのはどうでしょうか?捕まったら即スープレックス、キャッチ・アズ・スープレックス!相手に全く付き合わないぐらいでいいかもしれません。

今回の気になったこと

f:id:siz0310_2:20190726061255p:plain

出典:新日本プロレスワールド

・髪を引っ張る攻撃を僕は許さない、なぜかは言わないけど許さない。

・ミラノさん「普通じゃない選手が新日本多すぎるんですよ」全くそうですね!