新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

モクスリーの鷹木殺し!~7.24広島G1公式戦~

鷹木信悟はそうやって攻略するのか!この記事は7.24広島の鷹木信悟vsジョン・モクスリー戦の感想です。

他の試合はこちらからどうぞ

www.think-njpw.com

www.think-njpw.com

 久しぶりの再開は膝にくる

30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦

鷹木とモクスリーってずっと前のアメリカ時代に面識があるんですね、全然知りませんでした 。お互いに違う道を歩き、10年経った今となっては別人のように感じられるんじゃないかな。

f:id:siz0310_2:20190726045533p:plain

出典:新日本プロレスワールド

リングインするなりつっかけたモクスリー、リングを待たずして殴り合いが始まります。並ぶと身長差が結構ありますね。噛みつき攻撃もいとわないモクスリーですが、トペは優しい。すかさず鷹木がデスバレーボムを返しました。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-4-7.jpg

 出典:新日本プロレス公式サイト

机を出したモクスリーでしたが、不発。すかさず鷹木の膝へバイオレンス(足四の字固め)!こういうこともしっかりできるんですね。これで足を痛めた鷹木は動けなくなってしまいます。低空ドロップキックや鉄柱を使って徹底的に痛めつける。本当になんでもできるな。

f:id:siz0310_2:20190726051738p:plain

出典:新日本プロレスワールド

膝が痛くとも何度もモクスリーを持ち上げる鷹木。やっぱりパワーがある。龍魂ラリアットなんかすごいスピードで振り抜いている。この瞬発力が鷹木の武器ですよね。パンピングボンバーを決めますがカウント2。

やっぱり鷹木は膝が悪くロープへ走れなかったり、ラストオブザドラゴンで持ち上げても踏ん張りが効かない。

f:id:siz0310_2:20190726052334p:plain

出典:新日本プロレスワールド

それを見るや机に膝を叩きつけるモクスリー!さらにイスで挟んで殴打!こんなバイオレンスしたら折れるって!

場外カウント19.6でなんとか戻った鷹木、そこへ生膝が飛んできた!モクスリーは膝の連発、MADE IN JAPANをもらっても前から後ろから膝、そして膝!

f:id:siz0310_2:20190726053032p:plain

出典:新日本プロレスワールド

フィニッシュはまさかのテキサスクローバーホールド!しかしこのガッチリ感よ…。

膝攻めに苦しんだ鷹木はたまらずタップアウトしました。鷹木のギブアップって新日本では初めてだし、何年ぶりなんでしょうか?

 

 なんでもできる男、モクスリー

f:id:siz0310_2:20190726053442p:plain

出典:新日本プロレスワールド

久しぶりの鷹木との再開はモクスリーの完勝でした。これで4連勝、負け無し。荒々しいだけでなく、膝を的確に攻めるテクニックもあり、鷹木のMADE IN JAPANやパンピングボンバーにも耐えて見せた。なんでもできるモクスリーは次、内藤哲也戦です。

www.tokyo-sports.co.jp

何やら起こりそうな内藤戦。どちらかが圧倒してしまうかもしれないし、死闘になるかもしれない。

鷹木の弱点

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-2-8.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

今回のモクスリー戦でよくわかった。パワーのある選手は多いけど鷹木ほどスピードと瞬発力がある選手はそういません。モクスリーは膝を攻めて鷹木の良さを殺して見せた。この後の対戦選手も膝を殺しにくるだろうから、どうやって超えていくかが課題ですかね?僕としてはパンピングボンバーでなぎ倒していく姿がみたいですねーこの場外でのデスバレーボムなんかすごかった。

 

今回の気になったこと

f:id:siz0310_2:20190726054813p:plain

出典:新日本プロレスワールド

・小島聡のゲスト解説の安定感よ。実はサラリーマン経験のある小島の一人称は「私」SNSでもそうですね。