新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

後藤負けたらアカン!走るんや!~7.15札幌G1公式戦~

この記事は7.15札幌G1公式戦の感想です。メインイベントの内藤哲也vsタイチ戦は別になってますのでこちらからどうぞ

www.think-njpw.com

 何やら起こりそうな試合は何があったんでしょうか?何かあったんでしょうねぇ~

恐ろしい矢野ワールド

 第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦

www.youtube.com

自身もやまなし観光大使を務め住民票を山梨にしている鷹木にとって北海道出身でもないのに登別観光大使をやってる矢野は許しがたい相手。

え?この試合のテーマそこ?

鷹木はドラゴンゲートが長かったので明るいプロレスもできるはず、本当の鷹木の一部が見れるはずの試合でした。

試合は場外をめぐる攻防やイスをめぐる攻防、珍しい矢野の打ち合いまで見れて清々しい気持ちに。最後はBUSHIがレフェリーを引き付けている間にイスを投げつけた鷹木がパンピングボンバーで矢野を沈めて勝利。

矢野ワールドにも付き合い最後はきっちり決めた鷹木、キャラも崩さずさすがの一言です。

だからコンプライアンスってなんなんだ?

 負けちゃだめだろ後藤!

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦 

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/DSC_4620.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

LA道場で修行し、宿敵であるジェイ・ホワイトに勝った後藤。このまま優勝まで行くか?と期待した方も多かったと思います。僕もそうでした。

ですがジュース・ロビンソンに負けてしまいました。ライガーさんが「今まで修行したりスタイルを変えたりしたけど、長続きしない」と厳しく解説されていましたが、そうなってほしくないなー。

勝った負けたで一喜一憂せずに後藤の成長を待ってと言いたい所ですが、後藤はいい年なのでこのG1で大爆発してほしい!まだG1は始まったばかりですから。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/DSC_4527.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ジュースは非常に良くなりました。特にこのジャックハマー!身長のあるジュースにピッタリですね。体の厚みが増したように感じます。モクスリーに負けて変わったジュースはG1でいい結果を残しそう。ジュースは宿敵のモクスリーと8.11武道館最終日に当たります。どれだけ成長したかを試すのに最高の相手です。

モクスリーに勝ちUSヘビーを取り返し、最強外国人として君臨してほしいですね。

必殺デスライダー!

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/DSC_4969.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ジョン・モクスリーvsジェフ・コブ戦は非常に大味でした。試合はモクスリーはコブの足をロープにかけてのデスライダーで決めますが、唐突で「あれ?」といった感じ。公式の画像でダブルアームになってるのを確認できました。

一つ言えることはアマレスならオリンピックにも出ているコブが無敵でしょう、ですがプロレスはちょっと違います。その差が出たんじゃないかな?

あとモクスリーは体が柔らかいと思われます。中邑信輔とか西村修を思い出す動き。

 

案外噛み合う二人 

 第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦

石井智宏とジェイ・ホワイトって噛み合うのか?

石井はCHAOSで長いですが、ジェイが裏切ったことをどう思っているのか?

気になる対戦はジェイが場外へ逃げることがから始まります。石井は外道を捕まえてジェイをおびき寄せるという頭脳プレー。

石井は再三外道に邪魔されてしまいます。これでペースが掴めない。真っ向勝負では勝てない石井に対して試合運びで勝とうとする、これもプロレスですね。

f:id:siz0310_2:20190716034838p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ジェイは打ち合いでは負けても、DDTからの首攻めに勝機をみたのかラリアットのカウンターでコンプリートショット!打ち合いで負けられるというのもジェイの強みですね。

首攻めにも耐えながら石井は雪崩式ブレーバスター、天龍ばりのパワーボムと攻め。仕上げのスライディングラリアットはジェイがいなして不発

f:id:siz0310_2:20190716035718p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ならばと馬乗りになってエルボー!こうなってくるとふにゃふにゃして何も効かない気もするジェイ。

試合はのらりくらりしようとするジェイを正面突破して石井が勝ちますが、石井の技を受けきったジェイもすごい。

石井は2連勝、石井に勝てばNEVER挑戦も見えてきます。僕が思うに鷹木が勝ちそうな予感。

ジェイは2連敗、独特のリズムは定着してきました。あとはどう勝つかですね?

今回の気になったこと

・いつのまにいたんだBUSHI!?

 ・ミラノさん「(ジェフ・コブの)肩が4つあるよ!」

 いやいやアシュラマンじゃあるまいしそんなはずは…

f:id:siz0310_2:20190717061140p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ホンマや!これぞガチムチ!