新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

6.5両国大会直前!注目ポイントまとめ

やってきました6月5日!

今回は直前ながら6.5両国大会の見どころを簡単に考えていきたいと思います。

6.9大阪城ホールは一年の中でも上半期の総決算なのですが、まだカードは全部発表されていません。6.5両国大会の結果が影響するのは間違いないので、6.9に向かう流れを抑えておきましょう。

 IWGPジュニアタッグの挑戦者決まるか?

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/02-4-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

第二試合は田口隆祐、SHO、YOH組vs石森太二、エル・ファンタズモ、ロビー・イーグルスの6人タッグマッチ。SHOとYOHはIWGPジュニアタッグ王者で次の挑戦者は決まっていないのでこれはチャンスです。上手くいけば6.9大阪で挑戦できるかもしれません。

となると挑戦者は誰か?

石森は鷹木戦で肩を痛めたのでファンタズモ、イーグルス組がありそうなんですが、この二人にはオスプレイ戦でのファンタズモの介入から不穏な空気が漂っています。

それはマジなのかブラフなのか?

そして関係がこじれてオーストラリア大会でイーグルスがファンタズモの王座に挑戦するのか?見えてきそうな試合ですね。

BOSJでは素晴らしい試合の連発だった田口監督は3Kとなじめるのかにも注目です。

みのるとライガーのシングルはある!?

以前に書いた記事で 

www.think-njpw.com

 鈴木みのるが獣神サンダーライガーに対戦を申し入れていることを書きました。前回の流れはBOSJで中断してしまいましたが、6.5両国ではタッグマッチで対戦します。二人のシングルは組まれるのか?いつなのか?

かなり怒っていたライガーさんはどんなリアクションをするのか?注目しています。

また「自分は鈴木軍ではない」とはっきり言っているDOUKIがタッグを組んでいるのも注目すべきです。もしかしたら鈴木軍の中での動きが生まれるかもしれません。

いわずもがなタイチと石井智弘のNEVER戦の前哨戦でもありますね。

不機嫌な内藤

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/0605_4-540x360.png

出典:新日本プロレス公式サイト

BOSJシリーズではヘビー級ながら参戦し、最初は無口でしたが徐々に飯伏に対してアピールした内藤。やっと目の前に飯伏が現れます。

「そんなこと言っても仕方ないじゃないか」と飯伏が言ったか言わないかは分かりませんが、内藤の発言に対してリング上で答えを出すでしょう。

ジェリコが来るならここ!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/0605_5-540x360.png

出典:新日本プロレス公式サイト

6.9大阪でクリス・ジェリコとのIWGP防衛戦が決まっているオカダ・カズチカはロッキー・ロメロと組んでマーティ・スカル、ブロディ・キング組と対戦します。

去年は神出鬼没に対戦者を襲っていたジェリコ。来るならここでしょうね。

ジェリコの登場は予想がつかず、ネット上では大喜利になるほど。楽しみではありますが、オカダがどう返すのかも技術が問われるシーンです。

ジェリコが登場するとしてブロディ・キングがどんな目をするのか?僕がひそかに期待しているところです。カメラさんお願いします!

棚橋の復帰戦

f:id:siz0310_2:20190507061103p:plain

出典:新日本プロレスワールド

棚橋弘至の復帰戦はジェイ・ホワイトとのスペシャルシングルマッチです。タッグマッチではなく、IWGP前王者であるジェイとのシングルです。

かなり厳しいです。注目ポイントは棚橋がどこまでやれるか?ですね。ジェイ相手にしっかり試合ができないと今年のG1出場も危ういです。

逆にジェイは棚橋を圧倒して勝って、次にIWGP挑戦者に名乗りをあげたいはずです。もしかしたらジェイが一方的に勝ってしまうかもしれません。

まずは入場がポイントでしょう、棚橋がどこまで体を作ってこれるか。

デスライダーの正体はジョン・モクスリー

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/mmjmlfnjbjejihdh-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

謎のVTRの人物の正体はジョン・モクスリーでした。新日本の公式サイトに詳しく書かれていたので対戦前に読んでおくことをお勧めします。

www.njpw.co.jp

WWEの元スーパースターの参戦、いきなりのタイトルマッチにいろいろな意見があります。モクスリーが新日本でどれだけできるのか?AEWと新日本の関係はどうなるのか?ベルトが流出してしまうのか?モクスリーって誰だ?

僕としては「まずは試合を見てみようよ」という感じですね。ジュースとモクスリーはWWEと新日本に来るまえから関係があり、お互いに思い入れのある相手です。

二人のプロレス人生を比べあうような男同士の果し合いに注目です。「ごちゃごちゃ言ってないで誰が強いか決めたらええねん」ってやつです。(ちょっと違う)

ジュニア最強はどっちだ!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/TOP001_-540x360.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

今年のBOSJの優勝決定戦はウィル・オスプレイvs鷹木信悟に決まりました!ジュニアの中でも新日本プロレスの中でも最高峰の闘いになります。

詳しくはこちらで考えています⇓

www.think-njpw.com

注目ポイントはリーグ戦は「30分一本勝負」でしたが優勝決定戦は「時間無制限1本勝負」となっています。リーグ戦よりじっくり試合を見ることができますね。

ごちゃごちゃ考えずに素晴らしいプロレスを楽しみたいと思います!

まとめ

試合以外のイベント情報はこちらからどうぞ!

www.njpw.co.jp

 試合もそうですがイベントも盛りだくさんでいいですね!観戦に行く方はぜひ楽しんできてください!

今日の両国大会から6.9大阪大会は上半期の集大成であり下半期、そして1月4日5日へ続いていきます。見逃さないようにしましょう!

また記事にしていきたいと思います。

楽しみすぎて午後の仕事大丈夫かな?