新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

Bブロック突破は意外な人物!?BOSJ優勝決定戦の条件と見どころを考える

BOSJ Aブロックはすでに石森太二との激闘の末、鷹木信悟が優勝決定戦進出を決めました。

今回はBブロックの優勝決定戦進出の条件と見どころを考えていきます。

やっと見えてきた Bブロック

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/0530_a-664x373.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

大混戦となった(あるあるですが)Bブロックはやっとすっきりしました!

田口隆祐、ウィル・オスプレイの両者が5.30大阪で勝ったので勝ち点12で首位、最終日6.3岡山で対戦する田口とオスプレイの勝者が優勝決定戦進出となります。二人ともBOSJ優勝経験者による対戦、見どころを見ていきましょう。

 

見どころはぶつかり合う二人のスタイル

円熟味のある田口

田口はデビュー17年の40歳。田口といえば田口ジャパンの監督、コミカルなファイトで会場を最も盛り上げるレスラー。

と思っていた方を見事に裏切ったBOSJだったと言えるでしょう。序盤のコミカルな展開に飲まれてしまうと、マジになった田口にいつの間にかアンクルを極められどどんで投げられた選手が何人いたでしょうか?

エル・サムライの元で修行し、Apollo55としてバリバリやってた若手時代。長期欠場を経て第69台IWGPジュニア王者となりだんだん下ネタが増え、田口ジャパンを結成してブレイク。今の田口のプロレスには田口のレスラー人生が全部詰まっています。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/1_2-1.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

そしてBOSJ決勝進出を見据えてオスプレイに宣戦布告した田口。マジモードの田口が見られそうで僕はワクワクしています。

パワーアップしたオスプレイ

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/8-8-3.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ウィル・オスプレイといえばハイフライヤー、超絶飛び技で2016年のBOSJを制しました。この時のオスプレイからすると全身の厚みが増し、ジュニアの体重ながらヘビー級の選手とも互角の勝負をしているのが今のオスプレイです。

実際にスーパーヘビー級であるジェフ・コブやランス・アーチャーに勝っている実績があり、その半面超絶難易度の飛び技は減りました。

ちょっと僕が気になるのはオスプレイのオカダ化です。

オカダ・カズチカに失礼な言い方ですが、オスプレイの勝ちパターンが固まってしまっている。決め技はストームブレイカー、これです。

ジュニア離れしたパワーを身に付け、次々に勝ってきたオスプレイ。強いがゆえに勝ちパターンが決まってしまうと危険かもしれません。

 

勝者予想は田口!

f:id:siz0310_2:20190531054631p:plain

出典:新日本プロレスワールド

僕は田口の勝利を予想します!

前述したようにオスプレイの勝ちグセが気になります。必ずストームブレイカーを狙ってくるのを田口が見逃すはずはありません。

アンクルを攻め機動力と技のキレを殺し、苦し紛れのオスカッターを捉えてアンクル!ストームブレイカーに絡んでどどん!

これでいけるんじゃないですかね?試合序盤はついふざけてしまうかもしれませんが、田口の17年の集大成が見られると楽しみにしています!

 

 

他の選手の僅かな可能性

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/2-6-4.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

ところでロビー・イーグルスが気になる発言をしていました。

イーグルス「みんなはもう俺が脱落したと思ってるだろうが、昨日、俺はいろいろと計算してみた。昨日の大会でELP(ファンタズモ)が負けた。それで彼に望みはなくなったけど、わずかだけど俺は生き残ってる。だけど可能性はひとつだけ。タグチとオスプレイ、どちらか勝利すればダメ。引き分けといっても、ノーコンテストでないといけない。その上で6月3日は俺が勝ってないとダメだ。そうであれば俺が抜け出せる。確かに厳しいけど、可能性が残ってるんだからあきらめるわけにはいかない。

出典:新日本プロレス公式サイト

え?そうなのか?

確かに田口とオスプレイは勝ち点12で1位、勝ち点10で続くのがYOH、エル・ファンタズモ、ロビー・イーグルス、BUSHIとなっています。

最終日にイーグルスが勝ち、田口とオスプレイがノーコンテストで勝ち点がつかないと3人が勝ち点12で並ぶことになります。そうなると田口、オスプレイ両者に勝っているイーグルスが決勝進出となります。これは分かります。

ですがこの条件を満たすにはファンタズモ、BUSHIが負けないといけません。逆に勝つと勝ち点12で5人が並ぶことになります。

f:id:siz0310_2:20190602171339p:plain

またもやしょっぱい表ですいません

勝ち点で並んだ場合、直接対決の結果を優先するはずです。ですが5人も並んでしまうとごっちゃごちゃです。そこでこの5人だけの勝敗で勝ち点をみるとファンタズモが勝ち点6となりトップです。

こうなるとファンタズモが決勝進出となるんでしょうか?であればファンタズモが試合に介入するメリットはあります。

同じバレットクラブの石森が負けた今、田口vsオスプレイ戦ノーコンテストにするためファンタズモは介入するでしょうか?(ファンタズモはイーグルスvsオスプレイ戦への介入をバレットクラブのためとしています)

またイーグルスはそれを良しと静観するでしょうか?阻止するでしょうか?

わずかな可能性ながらBブロックにはまだまだみどころがありますね。

何が起こるか?どう動くのか?期待して待ちましょう!