新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

クリス・ジェリコって必要なのか?を考える

どんたくのラストはオカダ・カズチカとSANADAのライバルストーリーの始まりでした。

www.think-njpw.com

 さわやかに終わるのかと思えば、突然クリス・ジェリコのビデオメッセージが映し出されます。

www.youtube.com

賛否両論のクリス・ジェリコ参戦

今回はクリス・ジェリコって必要なのかを考えていきます。

突然のビデオメッセージ

「クリス・ジェリコはもういいよ」というジェリコアレルギーが広がっています。そりゃそうですよね、2018年はクリス・ジェリコに振り回された1年でした。

インターコンチ王者なのに全然新日本で試合をしないし、乱入してEVILvsザック戦を壊したり、新日本にリスペクトを感じない言動が気に入らないという方もいるでしょう。

実際僕もそうで、またジェリコかよと思っていました。

ですがなぜジェリコが嫌なのかを考えるとそうでもない気がしてきました。

 

なぜクリス・ジェリコが嫌なのか?

流れを切る参戦

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2018/06/SS3_6057.jpg

出典:新日本プロレス公式サイト

新日本プロレスに求めるものの一つにストーリー性があります。一人一人の選手に人生があり、それが絡み合うリングは面白い。ですがジェリコにはそれがない。一時期新日本へ参戦していた時期はありますが、今の選手と関係はありません。

今進行しているストーリーを切ってしまうような参戦に不満を持っている方は多いと思います。

 

ジェリコの特別扱い

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/04-2.jpg

※出典:新日本プロレス公式サイト

 IWGPってそんなに簡単に挑戦できるのか?そんなにIWGPは軽いのか?

クリス・ジェリコが世界的なビッグネームなのは分かりますし、精力的に活動していることも知っています。だからと言っていきなりIWGPへ挑戦できるのはどうかと思います。

クリス・ジェリコだから会社は大きな舞台を用意するのか?海外の新規ファンを獲得するためのジェリコ参戦なのか?

選手やファンに不満が溜まっていきそうなジェリコの特別扱いです。

 また海外に目線が向いていることもジェリコに不満のあるところだと思います。

 

ジェリコアレルギーの正体

現在の新日本プロレスは層が厚く、どの選手でもクオリティが高い試合ができます。ビッグマッチともなればベストバウト級の試合が連発です。そこへ「急に入ってきたジェリコがいい試合をできるか」これが疑問であり、ジェリコはいらないというアレルギーの正体ではないですか?

実際に2018年のジェリコは徐々に合わせてきているもののベストと言える試合はなかったと思います。

またジェリコが参戦することで他の選手にチャンスが回ってこない、あるいは活躍する場が失われてしまう懸念があると思います。

ジェリコがどこまで試合ができるか?

 ファンにジェリコアレルギーがあろうとジェリコ自身がいい試合をすれば認められるはずです。しかしながら年間の試合数は少なく、2018年の試合では肉体と体力の衰えを感じたのも事実。

これからの試合でジェリコがどこまでできるかが分かれ道になりそうです。そういった意味ではジェリコも試されていると言えます。

 

IWGPをジェリコなんかに渡さないでほしいと思いつつ、ジェリコがIWGP王者になった場合のマッチメークに期待してしまっている自分もいます。ジェリコがIWGP戦に至るストーリーをきちんと作れればファンの期待も高まると思います

 

それでもクリス・ジェリコは必要

観客の目を引く力

突然流されたビデオレターでも会場のお客さんもワールドで視聴していた僕でも釘づけになっていました。ジェリコアレルギーによるブーイングの嵐ではなかった。

確かにIWGPを狙うとは言っていたものの、まさかのジェリコ再登場に会場は静まりかえっていました。そしてあのビデオレターでのジェリコの振る舞い、さすがとしか言えないですね。

このあたりの演技力というかアピール力を他の選手も勉強できるのではないかと思います。プロレスではリング外でのアピールも大事です、ここに手を抜かないジェリコのプロフェッショナルは参考にするべきです。

 

プロレスをマニアックな趣味にしない

 例えば大人気のロスインゴはそれぞれの人生を紐解くとプロレスラーになる前からの歴史が詰まっていて興味深いものがあります。ですが知らない方にはそれが伝わりません。

こういったプロレスの面白い所を知っているファンだけで楽しんでいていいんでしょうか?

新規のファンの方にも変わりやすく伝えるようにするべきではないでしょうか?

 

ジェリコのやり方は強引で傲慢で不満があります。ですがその表現には注目するべきポイントがあるはずです。

例えば2018年の内藤哲也とのやりとりはビデオメッセージながら「俺の方が強い」という立ち位置は徹底していたし、インターコンチをめぐる闘いというのは初めて見ても理解できたと思います。また神出鬼没なジェリコがいつ襲撃してくるのか?(来なかった時の内藤の返しも最高でした)これが引きになっていて注目せざるを得なかった。

ストーリーの途中から初めて見た方でも引き込んでしまうようなプロレスをしていかないといけない。これからの新日本にはリング内外での充実が必要なんじゃないでしょうか。

 

AEWとの関係は?

 クリス・ジェリコってAEWじゃないの?と思った方も多いでしょう、僕もそうです。クリス・ジェリコとAEWの間では新日本にも出られる契約になっているようですね。

そして新日本も容認していてあんなビデオメッセージを流している。

でもAEWと新日本の間ではどんな話になっているんでしょうか?

 

今のところクリス・ジェリコは5.25にケニー・オメガと対戦することは決まっています。この試合が終わるまではジェリコは新日本で試合をしないんでしょうか?

そうなると他の新日本の選手との絡みがなく、IWGP挑戦者マッチもできないんですが。たくさんの選手にジェリコのいいところを盗めるような展開がいいですね。

またAEWと提携することもありですが、なんのストーリーもなく参戦されるのは迷惑です。新日本のベルトを獲ればAEWの選手にハクが付くでしょうが、どうせやるならUインターとの対抗戦のような盛り上がりを期待したいですね。

 

まとめ

f:id:siz0310_2:20190507061103p:plain

出典:新日本プロレスワールド

クリス・ジェリコが必要かと聞かれたら、必要だと思います。

それはジェリコのいいところを盗めれば海外のファンだけでなく国内のファンにも届くプロレスができるようになるからです。

これを上手くやるには試合に至るまでを上手いことやらないとまたジェリコに振り回されただけになってしまいます。またジェリコにはいい試合をしてもらわないと国内のファンが離れてしまう危険もあります。

ジェリコ=襲撃みたいなイメージが付いてしまいましたが、前哨戦をじっくりやってほしいなーそこで期待しているのがジェイ・ホワイトだったりします。

ジェイがジェリコに噛みついていったら面白いんですけどね。

また動きがあれば考えていきたいと思います。