新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

後藤洋央紀は甦るか?ジェイ・ホワイトとの熊本決戦を考える

連休に入ると帰省などでブログ更新が滞ってしまいまして、申し訳ありません。(僕のブログを待って下さっている方がいると信じたい!)

 

いやー新日本プロレスワールドっていい!帰省先でもプロレスを追いかけることができます。

僕は嫁さんの実家でも異常な早起きをしてワールドを見ているのですが、起きてきた義両親に幽霊と間違われていないか心配です。

さて今回は後藤洋央紀vsジェイ・ホワイトの熊本決戦を考えていきたいと思います。

 ジェイ・ホワイトよりも後藤洋央紀に注目が集まったシングルマッチ

f:id:siz0310_2:20190430061746p:plain

出典:新日本プロレスワールド

今回のシングルマッチは後藤に注目が集まっていました、ジェイ・ホワイトは前IWGP王者であるにも関わらずです。それはやっぱり前哨戦での後藤の活躍と、去年末あたりのNEVERでの絡み、特に飯伏幸太戦までのやりとりに後藤の変化を感じたからですね。

後藤洋央紀と言えば以前は4強の一人に数えられていたほどの実力者です。パワーとタフさが売りで、意外と器用でオリジナル技が多いのが後藤洋央紀の特徴ですね。

 

「混沌の荒武者」はCHAOSに入ってからそろそろ3年、IWGPはいまだ無戴冠。

降ってわいたIWGP前王者とのシングルマッチ、これはラストチャンスと言っていい。

変わってきた後藤がどんな試合をするか?

どんな引き出しを開けてくるのか?を期待して観ていました。

 

荒武者は甦るか!?

 結論から言ってしまうと荒武者は甦らなかった。

僕が好きだった荒武者のスタイルは空回りしているように見えました。雪崩式回天は出したけど昇天・改は出ず。ジェイは正面からぶつかってくるタイプではないので、お互いに白熱してくる展開にはなりませんでした。

のらりくらり技をすかすジェイだからこそ後藤のパワーでぶつかっていくスタイルで叩き潰せると思ったのですが、やはり空回りという印象でした。

 

終盤の外道の介入にしても、リング下に落としてしまえばいいものをわざわざリングに入れて牛殺し、これはよかったけどジェイに隙を与えてしまった。

解説のライガーさんも指摘していましたね、僕から見るに余計な動きが多い

ジェイに勝ちたいのか?勝ってIWGPに近づきたいのか?

ジェイも外道もつぶしてしまいたいのか?

後藤からは後藤の意思があまり感じられず残念でした。要するに中途半端、柴田勝頼に「中途半端さに磨きが掛かっている」と言われたころと変わっていない。

後藤時代は来ないのか?

後藤洋央紀に厳しいようですが、こんな僕でも後藤ファンだった時代があります。だからこそ悔しい!

僕も三重県出身ですし、パワフルでタフな後藤が大好きでした。ですが今の後藤には魅力がない。何をしたいのかわからないし、試合でも表現できていない。

今回のシングルマッチは「後藤ここにあり」と示す千載一遇のチャンスでしたがものにできなかった。人生常に成功するとはかぎりません、くじけてもまた立ち上がる姿を見せてくれることを待ってます。

僕としては牛殺しの時になぜ一回転するのか不思議です、カウンターでも決められるのにあの一回転でテンポが落ちてしまっている。強引に牛殺しを決めて勝ちをもぎとるような荒々しさが戻ってくることに期待しています。

 

 ジェイ・ホワイトはこれからどうする?

f:id:siz0310_2:20190430063907p:plain

出典:新日本プロレスワールド

以前までは「とにかく嫌なヤツ」という認識だったジェイ・ホワイト

MSGで「ちょっとやるヤツ」に僕の中で変化しました。

そして後藤戦は実力をいかんなく発揮、巧みなインサイドワークだけでなくパワーあふれる後藤の攻撃を受けても勝ちました。それほどジェイは追い込まれていた印象はなく、勝ちに向けて粛々と試合を進めているような印象でしたね

 

IWGP前王者であるジェイ・ホワイトは一番IWGPに近いとも言えます。

さて次は。次は……そうそう、数日後、オカダとSANADAが闘うよな。“俺のベルト”を懸けて。どっちが勝つかな? 勝った方は俺と闘うべきだ。敗者に用はない。勝った方がSWITCHBLADEと……

出典:新日本プロレス公式サイト

新日本プロレスでは長くオカダ・カズチカ時代が続いています。

そこへフラフラになっても勝利へ向かって行くジェイ・ホワイトが待ったをかけるのか、オカダがジェイの野望を打ち砕くのか?

 ジェイは自分の空気をしっかり持っていて誰が相手でも崩れない、ヒールである自分を貫きとおしている。どんな手を使ってでも最後には勝つ。

今は若造と思われがちなジェイ、これからどんどん強くなっていくと手が付けられなくなってしまうのではないかと考えています。

 

もう一つのスペシャルシングルマッチ

さてどんたくシリーズにはもう一つベルトをかけないスペシャルシングルマッチがありますね。

www.njpw.co.jp

そう、最終日のセミファイナル石井智弘vsEVIL戦です。

こちらも降ってわいたような抗争ですが、お互いの意地がぶつかり合うような試合になるはずです。というかもうなっている。

 

ジェイはオカダ・カズチカvsSANADAの勝った方に挑戦すると言いました。

では石井とEVILは?

ジェイに待ったをかけないのか?

 

なんとなく石井が勝ち、ジェイとの挑戦者決定マッチが両国あたりでありそうな気がする。そうするとジェイCHAOS勢に全勝してからIWGP挑戦なんてことも…

どんたくシリーズ最後の最後まで見逃せません!