新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

CHAOSのニュージャパンカップを振り返って考える

以前の記事で、ニュージャパンカップの裏テーマはCHAOSの分裂・再編なのでは?と考えました。

www.think-njpw.com

 僕の予想というか希望は外れてCHAOSに動きはありませんでしたね。

今回はニュージャパンカップをCHAOS目線で振り返っていきたいと思います。

f:id:siz0310_2:20190331094101p:plain

出典:新日本プロレスワールド

 NJCそれぞれの名勝負

オカダ・カズチカの優勝で終わったNJCはCHAOS勢が同じブロックに集まり、直接対決が見られるのが特徴的でした。同じユニットにいるとはいえ、プロレスラーですから負けたくない。ここまでCHAOS対決があるのも珍しいですね、気になった対戦を振り返ってみます。

石井智弘vsYOSHI-HASHI-戦

石井相手にYOSHI-HASHIがどこまでできるか?に注目していました。結果YOSI-HASHIは石井に負けはしたものの、成長した姿を見せた。ですが石井を超えることはできず、CHAOS内の序列は石井の方が上ということになります。 

 

オカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ戦

オスプレイを見つけてきて新日本へ引き込んだのはオカダです。兄貴分のオカダにオスプレイが勝てるか?試合後に事件は起きるかを見ていました、結果何も起きずオカダがオスプレイの健闘をたたえるシーンが印象的でしたね。

 この試合までのオスプレイの勢いはすさまじく、スーパーヘビー級の選手に次々勝ってのオカダ戦でした。試合に負け顔を覆ってしまったオスプレイの胸中はどんなものだったのでしょうか?どうしてもオカダに勝ちたかった試合、オカダが勝って順当な空気をオスプレイはどう感じたんでしょうか?

 

 

深まったCHAOSの絆

NJCの成績からCHAOSを並べてみると

オカダ・カズチカ

石井智宏

YOSHI-HASHI-、ウィルオスプレイ

後藤洋央紀、マイキー・ニコルス、矢野通

と並びます。優勝したオカダを筆頭に順当な並びですね、順当過ぎて気持ち悪いぐらいです。

YOSHI-HASHIさんvs石井さんも、オカダvsオスプレイも、最高だったでしょ?(場内拍手&歓声)。CHAOS、いいよね、CHAOS、最高だよね(場内拍手&歓声)。まだまだ、CHAOSで熱い戦い、見せていきます!

出典:新日本プロレス

CHAOSはメンバーが変化していてどんな集まりなのか?が疑問でした。今のCHAOSは「強い者の集まり」というコンセプトのようで、NJCはそれを見せる戦いだったと言えます。

僕にはこれがオカダ個人の意識のように感じています。「CHAOSってすごい奴らの集まりだからグループでも直接対決でもすごい試合ができるよ」というのはNJCでよく分かりました。他のメンバーはどう思っているのでしょうか?

また実力による序列がはっきりしてしまったのもNJCの結果です。負けたメンバーはこの序列を崩せなかった。

 

なぜ本体と合流し続けるのか?

CHAOSは強い者の集まりならばなぜ本隊と合流し続けるのかが疑問です。

ジェイ・ホワイトに負けたオカダに棚橋が手を差し伸べて始まったCHAOSと本隊の合流はなし崩し的に他のメンバーも合流しています。

 

ジェイに連敗したオカダは弱いからいらないと追放されてからの棚橋・オカダタッグならオカダの成長ストーリー的にもよかったと思いますが、オカダはCHAOSのトップのままです。

そのために他のメンバー(例えば真壁と矢野)の遺恨はうやむやのままです。

その中途半端なところが僕は気に入らない。

 

このままいくとCHAOSは本隊と組んでいくことになりますが、CHAOSという枠は必要なんですかね?

 

MSGでオカダはジェイに勝てる

 オカダにとってCHAOS勢にすべて勝って望むIWGP戦

僕はオカダはジェイに勝てると見ています。

 

オカダはCHAOSのメンバーの思いを背負って、CHAOSを裏切ったジェイに挑戦するという形。バレットクラブの介入はあるでしょうが、CHAOSのメンバーも負けじ排除するでしょう。

CHAOSのメンバーからすると裏切ったジェイにユニットとしてリベンジする機会でもありますね。

 

オカダはNJCの勢いそのままにレインメーカースタイルで押し切って勝つでしょう。

そしてIWGP王者に返り咲きます。 と同時にオカダのIWGPは危険でもあります。

それはこれまでの繰り返しだからです。

 

まとめ オカダがIWGP王者になった時、MSGで何が起きる?

オカダはレインメーカースタイルしかできない、それがよくわかったNJCでした。しかしながらレインメーカーは積み重ねることですごく強くなっている。

 

自分に置き換えてみて、実力主義のグループの中で上に行くには実力行使しかありません。しかもトップは絶対的に強い。反抗してでていったジェイは一時よかったもののリベンジされてしまった。

やはりオカダに勝たないとCHAOSの中でも新日本の中でも上にはいけません。

 

世界中の注目があつまるMSG

メインイベンターでなくても挑戦を表明すればすごい影響です。

 

何も行動を起こさなければ今のまま、次回の直接対決まで待たないといけません。

CHAOSメンバーはそれでいいのか?今の立ち位置で満足なのか?

そこに注目して見ていきたいと思います。

 

※僕はCHAOSやオカダが嫌いというわけではないですよ。

CHAOSは人数も多いし魅力的な選手ばかりです。CHAOSから面白い流れになるように、プロレスがもっと面白くなるようにこんな記事を書いています。