新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

ニュージャパンカップ決勝を考える~オカダ・カズチカは成長しているか?~

ついにニュージャパンカップ決勝が終わり、オカダ・カズチカの優勝で幕が閉じました。

 

f:id:siz0310_2:20190326054013p:plain

出典:新日本プロレスワールド

今回は決勝戦で感じたことを一晩よく考えて、書いていきたいと思います。

 

強いオカダ・カズチカ

決勝戦でのオカダは本当に強かった。以前の記事でオカダはまだ浮上してはいけないと書きました。
www.think-njpw.com

 僕はオカダのニュージャパンカップ優勝はないと思っていました。それはオカダにIWGPを失った頃から成長を感じなかったからです、またSANADAをはじめ他の選手に期待していたからででもあります。

しかしオカダはすべてを上回って見せた。やっぱりオカダは強かった。柴田が化物だというのも納得の強さでしたね。

 

天才 SANADA

一方のSANADAもすごかった、SANADAのよさが全部でていましたね。高いテクニックでなんでもでき、どんな相手でも相手の土俵で勝てる。明らかにSANADAは近いうちにシングルのベルトを巻くでしょう。

 

実は同い年のオカダとSANADA

二人の勝敗を分けたのは何だったんでしょうか?

 

ニュージャパンカップに何を求めていたのか?

今回オカダ以外の選手の優勝を予想していたり、オカダ優勝でがっかりしている方は何か変化を求めていたんじゃないでしょうか?僕もそうですが、プロレスには(特に新日本には)刺激や変化を求めてしまいます。

 

オカダ・カズチカ個人には特に変化を求めていた。IWGPの連続防衛を達成したころから勝ちパターンが定着しています、ツームストンが決まると「またオカダの勝ちか」と思ってしまいますね。

 

オカダに成長は見られるのか?を楽しみに見ていましたがあまり試合に変化はありませんでしたね。多彩なレインメーカーへの入りはありましたが勝ちパターンは同じでした。

 

オカダはレインメーカースタイルのスペシャリスト

オカダは意外というかIWGP以外のベルトを巻いたことがありません。しかもシングルでは挑戦すらしていない。オカダはレインメーカーになってからずっとIWGPです。

 

そこで気づいたのがオカダはレインメーカースタイルのスペシャリストだということ。例えばザック・セイバーjrの関節技のようにレインメーカースタイルでいつも押し切って勝つ。いつも同じなのは退屈でもあり、すごいことでもあります。

 

今回のオカダの優勝はスペシャリストであるオカダが自分のスタイルで押し切って勝った。

 

オカダと柴田のニュージャパンカップ

解説席にはゲストとして柴田勝頼がいました。

柴田は2017年のニュージャパンカップを優勝し、オカダの持つIWGPに挑戦。その試合で負傷して現在まで欠場中という経緯があります。試合後のオカダは真っ先に柴田のもとへ向かい、握手を交わしました。

 

ゲストに柴田がいたのはちょっと微妙で、SANADAファンからするとオカダに有利に働くように感じられるかもしれません。

 

実際に柴田がいることでオカダは負けられないという思いが出たでしょう。それはオカダのレインメーカーとして積み重ねた強さの現れだったと感じました。

 

オカダは成長しているか?

オカダは確実に成長している、それを感じた決勝戦でした。他の選手やCHAOSの仲間、ファンの思いを背負って戦う選手になっています。

レインメーカーのスタイルしかできなくとも、それを積み重ねてきています。 

 

 バックステージでは柴田のことを語り涙を見せるシーンもありました

f:id:siz0310_2:20190326060757p:plain

出典:新日本プロレスワールド

どこの誰だかわからないレインメーカーから大分成長したと思います。マシーンのような冷徹さが以前はありましたが、感情を出すようになった。自分の言葉でマイクアピールできるようになったのも成長です。

 

まとめ

オカダは成長しました。ですが試合内容は物足りないのも事実。僕としてはもっとよく分かる形で成長を感じたかったのですが、これからは少しづつ積み重ねていくオカダを見ていきたいと思います。

 

「人生っておもしろいな、プロレスって最高だな」

柴田の言う通り!