新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

オカダ・カズチカはまだ浮上してはいけない理由を考える

オカダ・カズチカはケニーオメガにIWGP戦で負けて以来浮上できずにいます。

 

1.4ではジェイホワイトにも負け、今までのオカダになかった状況になっていますね。今回はオカダに足りないものは何かを考えていきたいと思います。

  

f:id:siz0310_2:20190306051424p:plain

出典 新日本プロレスワールド

強いが故の悩み

最近のオカダは物足りない、そう思っています。棚橋弘至とのドリームタッグもいいですが、そんなことしている場合ではないんじゃないか、もっと焦ったほうがいいんじゃないかと感じています。

オカダは強いが故に今のように上手くいかないときでも勝ててしまいますね、強いが故の悩みかもしれません。勝ちっぱなしのオカダならクールなレインメーカーでもよかったですが、今の状態だと人間味を感じられず共感できなくないですか?

迷走しているオカダ

いつの間にかオカダがレインメーカーに戻っているのに気付いていますか?オカダはケニーに負けて以来迷走しています。そうは思わない方もいるでしょうが、コスチュームや入場曲を変えてみたり、また1.4で戻してみたり一貫性がありません。

間違いなくオカダは次世代のエースです、このままではいけません。

 

オカダがまだ浮上してはいけない理由

①今のままではダメ

今のオカダは中途半端です。今のままIWGPに返り咲いたとして、前のままのオカダならもう見たくありません。オカダがIWGPに返り咲くのにどんなストーリーがあったのかが見えないから、オカダが成長したのかどうかがわからない。ファンはオカダに期待しています、成長した姿を見たいと思っています。

②CHAOSが片付いていない

 今のCHAOSってどういうユニットなんでしょうか?ジェイ・ホワイトと邪道外道が抜けてどうなっていくんでしょうか?コミカルなプロレスはたまにやるからいいんであって、CHAOSには基本をきちんとしてもらいたいですね。もしくは分裂してもいいんじゃないかと思います。今のCHAOSではオカダは輝けないと思います。

③ベビーなのかヒールなのか

オカダがレインメーカショックを起こした時は棚橋への対抗馬として反体制側にいたのは分かります。今のオカダは新日本のエースとして成長していかなければいかないので、ベビーなのかヒールなのかはっきりするべきです。反体制ユニットが増えるつれCHAOSがベビー化しているのは理解できます、どこかでけじめをつけるべきです。

 

 

オカダには今がチャンス

迷走している今が逆にオカダにとってはチャンスです、どんな風に変わることもできます。中邑真輔や内藤哲也のように大きくキャラを変えなくても、本当の自分をさらけ出していけばファンは付いてくると思います。オカダは強いです、例えばCHAOSのメンバーに裏切られて、どん底から這い上がる強さを見せてもいいじゃないですか。

 

オカダに足りないもの

オカダに足りないものは人を引き付けるオーラだと思います。なんでも持っているオカダでもマイクパフォーマンスは苦手ではないでしょうか?しかもメインイベンターは大会を締めないといけません。「3つ言いたいことがある」のパターンでやってきましたが、あまり心に響きません。

 

 

オカダの言葉が心に響かないのはオカダの心から出た言葉ではないから。オカダの心からの言葉が出ないのは、これまでは出さなくてもよかったから。

 

これまでは勝ち続けてきたオカダは壁にぶち当たっています。ファンが見たいのはここから這い上がる姿です、結果は出なくても頑張る姿です。

今自分をさらけ出して頑張ることで、これからのオカダ・カズチカの深みにつながるはずです。つらい時を乗り越えた経験が人を引き付けるオーラにつながっていきます。

 

やっぱりキーマンはジェイ・ホワイト

オカダが再浮上するにはレインメーカーの自分を超えないといけません。ジェイはかつてのオカダのように外道のサポートを受けながら活躍しています。人間として成長したオカダが今のジェイに勝つことで、オカダが一つ上のステージに行けると思います。

レインメーカーで一時代を築いた自分を超えるのは並大抵のことではないですが、オカダならやってくれると信じています。

 

僕はオカダ・カズチカにもっと大きくなってもらいたいと思っています。

今はまだ成長を感じられません。

だからまだ浮上するのは早いと思います。

 

まとめ

いろいろと書きましたが僕はオカダ・カズチカというレスラーが好きです。好きであるが故にもっと頑張って成長してほしいと思っています。オカダの成長が新日本プロレスの成長につながり、もっとプロレスが面白くなっていくはずです。

 

いいことも悪いこともあるのがプロレスであり人生でもあります。オカダはこれからのプロレス人生の中での経験を通じて、より魅力的なレスラーになって欲しいと思っています。間違いなくオカダは逸材です、より一層輝けることを期待しています。