新日本プロレスを考えるブログ

知れば知るほど面白いプロレスをより楽しむためのブログ

大阪の飯伏のマイクを考える

大阪に来てくれた飯伏

2.11大阪で飯伏が姿を見せてくれました!

 

試合の合間、スーツ姿で出てきた飯伏は

マイクを持ち挨拶するということで

一瞬、ドキッとしましたね

新日本をやめますという挨拶かと思いました

 

マイクの内容は

「ケガのことで心配かけたけど、もう大丈夫」

「ニュージャパンカップで復帰します!」

「僕はどこへも行きません!」

 

これには感動しました

 

ツイッターでは

 

と発信しています。

 

印象が変わった飯伏

飯伏といえば口数が少なく

口下手なイメージでしたが

大阪ではしっかり挨拶していました

 

またツイッターでは

以前に引退を匂わせる発言をして

ファンを不安にさせたりしました

(それは引退するという意味ではなかったようですが)

 

今回の大阪で「飯伏変わったな」という印象を受けました

 

飯伏の試合はすごくても

発言が少なく、不安定な印象でしたが

マイクでしっかり話して、自分の気持ちを発信していましたね

 

以前の飯伏なら

不安定で子供っぽいようなところがあり

王者として大丈夫なのか?と思いましたが

いまの飯伏なら王者としての姿を見てみたいと思いますね

 

気になるのはケニー・オメガ

飯伏といえば気になるのがケニー・オメガの存在です

特に2018年はゴールデンラヴァーズが復活したりして

二人で活動する時期もありました

 

そしてケニー・オメガはAEWへの参戦が発表されて

副社長という役割で関わっていきます

www.tokyo-sports.co.jp

 

AEWって何?

AEWを知らない方のために簡単に説明すると

AEWとはアメリカで発足する新団体で

ヤングバックスやクリス・ジェリコなどの参戦が発表されています

ハングマンペイジやチャッキーTとバレッタのベストフレンズ

など日本でも馴染みのあるレスラーの参戦が続々発表されていて

今注目の団体です

気になるのは選手の引き抜きです、これが新日本にも影響があります

 

飯伏はどうする?

そもそも飯伏はフリーです

新日本と契約しているものの、飯伏プロレス研究所という個人で活動しています

 

ですのでAEWに参戦することもできます

 

AEWは報酬の面で恵まれていない

プロレスラーの待遇を改善すると宣言しているので

アメリカでのキャリアを考えれば

飯伏はケニー・オメガとAEWに参加しても良かったでしょう

 

実際に1.4以降発言のない飯伏に

AEWにいくのでは?という噂が流れるほどでした

 

「僕はどこへもいきません」の意味

飯伏がリング上で

「僕はどこへも行きません」

を聞いて思い出したのは

ケニー・オメガです

 

2016年のG1で外国人として初めて優勝したときのマイクで

当時はヒールで日本語を話せるのに封印していたケニーが

日本語で

「新日本は俺のホーム

 だからそっちへ行かない」

と発言しました。

 

「そっち」とはWWEのことで

WWEへの引き抜きを心配しているファンへのメッセージでした

その後のケニーは新日本でIWGP王者になるまでの活躍を見せましたね

 

今回飯伏が同じような表現を使ったのは

ファンに対して新日本に残るというメッセージと

ファンにケニーのことを思い出させる

狙いがあったと感じます

 

AEWに行ってしまったケニー

もう日本見れないことを残念に思っているファンもたくさんいます

 

新日本側からAEWについて何も発表されていませんが

ケニー・オメガの新日本参戦はあるのでは?

と期待してしまいますね

 

実際には新日本とAEWの関わりは何も決まっていないでしょうが

飯伏としてはケニー・オメガと戦いたいという

意味を含んでいると感じます

 

 

これからの飯伏に期待

飯伏については以前に棚橋が

「飯伏がいればプロレス界は安泰」

と言わせたほどの人物です

 

ですが不安定なところがあり

なかなか活躍が続くことはありませんでした

 

またふらっと他団体に行ってしまうのでは?

という不安もありましたが

大阪でしっかり宣言してくれて安心しています

同時に

2019年はすごい活躍をするのではないかと

期待しています!

IWGPへの挑戦もあるんじゃないでしょうか

飯伏ならその資格が十分あります

 

 

ところで気になるのはケニー・オメガです

AEWに参戦するのははっきりしました

また日本で試合することはあるのか?

もう見ることはできないのか?

くっついたり離れたりの飯伏との関係もどうなるのか?

 

これはまた考えたいと思います